医療法人福涛会

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

アトピー性皮膚炎の原因とは

アトピー性皮膚炎の原因とは現在、アトピー性皮膚炎は多くの人が悩んでいる、とてもやっかいな病気です。主な症状は湿疹やかゆみ、乾燥、黒ずみで、症状が重くなる"増悪"と一時的に症状が軽くなる"寛解"を繰り返すことが特徴です。

アトピー性皮膚炎の原因として考えられる要因として、皮膚バリア機能の低下があります。皮膚バリア機能とは肌の水分を保持したり、外部の異物から体を守ったりする仕組みのことです。アトピー性皮膚炎が起きやすい人は、このバリア機能が低下しやすく、アレルゲン(アレルギー源)の刺激を受けて炎症が起きやすくなってしまっているのです。

その為、アトピー皮膚炎の治療では炎症を抑えるだけでなく、アレルゲンを取り除き、皮膚バリア機能を回復させて保持することが重要となります。

金属アレルギーがアトピー性皮膚炎を引き起こす?

アトピー性皮膚炎を引き起こす様々なアレルゲンがありますが、意外と知られていないのが、歯の詰め物に使われる金属が原因となって、アトピーを発症している場合があることです。特に保険診療の治療で使われるアマルガムという歯科用金属は、水銀や銀、スズなどの重金属を含んでおり、神経毒性が強く、アレルギーをはじめ、不眠イライラめまい頭痛、肩こりなど、様々な症状を引き起こすことがわかっています。

「歯に詰め物をしたらアトピー性皮膚炎が悪化した」という事例や、反対に「銀歯をセラミックに変えたら悩んでいたアトピーが治った」といった話も聞かれます。原因のわからないアトピー性皮膚炎に悩まれる方は、金属アレルギーの検査を受けられることをお勧めします。

金属アレルギーには2つのタイプがあります

金属アレルギーは食物アレルギーや花粉症などと異なり、金属そのものがアレルゲンではなく、金属から溶け出した金属イオンが人の汗や唾液と結合し、タンパク質に変化することでアレルギーの原因となります。

金属アレルギーには金属に直接触れた箇所が赤くなり、かぶれたり痒みを感じたりする「接触皮膚炎」と、手や足などの思いがけない箇所に症状が出る「全身性皮膚炎」があります。接触性皮膚炎タイプの場合、アクセサリーなどから発症する金属アレルギーが引き金となってアトピー性皮膚炎が悪化することはよく知られています。

歯の詰め物が原因になりやすい全身型タイプ
金属アレルギー「全身性皮膚炎」は、歯の治療で使われた金属が溶け出し、体内に入ることによって起こります。アレルゲンが血液とともに全身を巡り、口や腸の粘膜から吸収されたものが汗として体外に出ることで意外な場所に症状が出てしまい、それにより原因が分からず、長く悩まされるケースも多くあります。

金属アレルギーを起こす歯科治療金属として知られているのは、アマルガムパラジウムです。金、銀、白金(プラチナ)といった貴金属は、形が変わりにくく溶け出さないため、アレルギーになりにくいと言われていますが、アレルギー体質の人は微量なアレルゲンでもアレルギー反応を起こしてしまうことがあるので、注意が必要です。

アトピー性皮膚炎の方にお勧めしたい【金属アレルギー治療】

アトピーの治療を行っても改善が診られない場合は、歯科金属による金属アレルギーの可能性があります。アレルギーの治療で重要なのは、原因を見つけ出して除去することです。金属アレルギー検査を受け、アレルゲンが特定されたらお口の中から金属を取り除く治療(ノンメタル治療)を受けることが必要です。

また、いったん金属アレルギーを発症してしまうと、元の体質に戻るのは難しいと言われています。アトピー性皮膚炎の方は、歯科金属を使う治療を避けることが大切です。家族にアトピー素因をもつ人がいる場合や、皮膚が弱い方の場合も、できるだけ金属イオンを体内に取り込まないようにすることをお勧めします。

<心当たりはありませんか?金属アレルギーで悪化しやすい皮膚の症状>
●口内炎・舌炎
口内炎が頻繁にできたり、舌に炎症を起きやすい
●口唇炎・口角炎
唇のまわりが赤くただれたり、口の両端が赤く炎症を起こして切れたりする
●掌蹠膿疱症
手のひら、足の裏に多数の膿疱ができる。

大阪・東京2つのクリニックで治療が受けられます。
※予約制になっておりますので、初診の方はお電話にてご予約ください。

大阪医院
東京医院