医療法人福涛会

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

虫歯治療

当クリニックでは従来の歯科治療はもちろん、更に痛みが少なく、感染している歯牙にオゾンを用いて無毒化するオゾン療法(ヒールオゾン)など、最新の虫歯治療方法を取り入れています。

ヒールオゾン治療についてはこちら

虫歯はなぜできるのでしょうか?

虫歯はなぜできるのでしょうか? もともと口腔内には、たくさんの細菌が住んでいます。そして、虫歯の原因となる細菌=虫歯菌は10数種類だとされています。その中でも『ストレプトコッカス・ミュータンス』、『ラクトバチルス』という虫歯菌が強力です。

『ストレプトコッカス・ミュータンス』は、口に入ってきた食べ物、特に糖分をグルコシルトランスフェラーゼという酵素で分解して、「不溶性グルカン」を作り出します。この「不溶性グルカン」はネバネバしているため、歯の表面に付着します。そして増殖を始めて塊となっていくと「歯垢(プラーク)」になります。

「歯垢(プラーク)」は『ストレプトコッカス・ミュータンス』、『ラクトバチルス』をはじめとする、虫歯菌の恰好の住み家です。そうなると「歯垢(プラーク)」は膜のようになり、歯の表面を覆います。これは「バイオフィルム」とも呼ばれています。『ストレプトコッカス・ミュータンス』はそこに住み着き、食物等で口に入ってきた糖を分解して酸を作り出します。

歯の表面を覆うエナメル質は「ハイドロキシアパタイト」という「リン酸カルシウム」の一種で、身体の中で最も固い組織なのですが、酸でよく溶けるという性質を持っています。歯の表面のエナメル質が、虫歯菌の作り出した酸によって溶け、歯から「リン酸カルシウム」が溶け出します。この現象を「脱灰」と言います。

このように『ストレプトコッカス・ミュータンス』によって「脱灰」したあとに、『ストレプトコッカス・ミュータンス』に加え『ラクトバチルス』が繁殖し、虫歯の進行に大きく関係しています。さらに、その他の「歯垢(プラーク)」に住み着いている虫歯菌も、活発に虫歯作りに関与してきます。

これとは逆に、虫歯菌の作り出した酸で、「脱灰」が起こった歯のエナメル質が、唾液中に含まれる「カルシウム」や「リン」で修復されることを「再石灰化」と言います。普段、この唾液の自然治癒力のおかげで、歯は簡単には虫歯にならないようになっていますが、「脱灰」と「再石灰化」のバランスが崩れ、「脱灰」に「再石灰化」が追いつかなくなったとき、歯は「う歯(虫歯)」となってしまうのです。

虫歯を放置するとどうなるのでしょうか?

虫歯を放置するとどうなるのでしょうか?  「虫歯なんじゃないかな?」と、薄々は感じていても、「歯医者さんでは痛いことされるから嫌だ」、「面倒だ」、「まだ我慢できる」などの理由で、そのまま放置されている方も、中にはいらっしゃるかも知れません。『たかが虫歯、されど虫歯』と侮ると万病の元となり得ることもあるのです。

虫歯菌やそれによる炎症が、肺や脳に達して重篤な疾患をもたらす場合もあり、虫歯を放置することは、本当はとても危険なことなのです。そこまでで無くとも、歯の不調により、食事を美味しく摂られなくなると、食べる楽しみが半減します。また、食物をよく噛めないことにより、胃腸への負担が大きくなりますし、うまく摂取できない食品を避けるようになれば、健康への影響も起こってきます。『歯を失うこと≒食べられなくなる≒命の源を得られなくなる』ということに等しいと言えますね。

また、虫歯で、歯を失うことや、白い歯が変形・変色することにより、人前で口を開けることに抵抗を感じ、うまく会話ができなくなったり、笑えなくなったりする方もおられます。歯を失うことで、お顔の印象が実年齢よりも高く見られてしまうという悩みを抱えておられる方もおられます。

それだけではなく『噛む』という行為ができないことで、脳の活動が低下し、物忘れが多くなる。噛みあわせが崩れることにより、体のバランスが保ちにくくなる。ということも起こってきます。

綺麗な歯を保つために

綺麗な歯を保つために虫歯を予防するには、ブラッシング(歯磨き)を定期的に、丁寧に行うことが基本となります。ブラッシングの方法はたくさん提唱されていますが、当クリニックでは『縦磨き・優しく撫でるように磨く』事をお薦めしています。『縦磨き』は横磨きに比べて、歯肉を痛めにくい磨き方です。また、歯の表面のエナメル質を傷つけないようにするために、『優しく撫でるように磨いて』下さい。

『縦磨き』にはもうひとつ、「横磨きに比べて唾液が分泌されやすい」という利点があります。唾液には「カルシウム」や「リン」が含まれており、歯を強くする作用があります。また、脱灰が起こった歯のエナメル質を修復する、再石灰化の自然治癒力があることは『虫歯はなぜできるのでしょうか?』のところで述べた通りです。

さらに唾液には、殺菌効果があるため、虫歯菌の力を抑制してくれますし、普段は中性である口腔内が、食事をすることで酸性に傾いた際には、その働きで中性に戻してくれます。つまりは、歯のエナメル質が溶け出す『脱灰』の環境から、歯を強くし、修復する『再石灰化』の環境へと唾液が導いてくれるのです。ブラッシングには歯磨き粉は使用しなくても、ブラッシングするだけで十分な予防効果があります。

歯磨き粉を使用される場合は、できれば研磨剤の含まれていないものをお薦め致します。また、電動歯ブラシやフロス等を上手に活用するのも有効です。

歯垢が 「つきにくい」 食べ物例 :硬く、繊維質を多く含む食品。野菜(特に生野菜)、りんごなど。
歯垢が 「つきやすい」 食べ物例 :基本的に柔らかいもので、粘りのある食品。
炭水化物を多く含むもの。
うどん・ラーメンなどの麺類、
パン・ケーキ・クッキー・ドーナツなど。

当クリニックの虫歯治療と予防について

当クリニックの虫歯治療と予防について当クリニックでは、通常の虫歯治療においては、歯を削る量は最小限に、そして使用する薬剤は、可能な限り体に優しいものを取り入れています。また、ご自身の歯を1本でも残せるように配慮し、むやみに歯の神経を抜いたり、歯を抜いたりするような治療は致しません。

治療法には、痛みが少なく、感染している歯牙にオゾンを用いて無毒化する『オゾン療法(ヒールオゾン)』などの、最新の虫歯治療方法を取り入れています。この『オゾン療法(ヒールオゾン)』は、虫歯予防としても効果を発揮します。

詳しくは、当ホームページ上の『ヒールオゾン』の項に記載しております。是非ご覧下さい。

大阪・東京2つのクリニックで治療が受けられます。
※予約制になっておりますので、初診の方はお電話にてご予約ください。

大阪医院
東京医院