医療法人福涛会

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪府堺市 M.K様(30代/女性)

大阪府堺市 M.K様(30代/女性)アマルガムを外した後はとても軽くなり、首の張り、目のかすみが無くなりました。

私の歯には合計5本、アマルガムが詰められていました。小学校低学年から30年間、この有害物質と付き合ってきました。
思い返せば、子供の頃から頭痛に悩まされて寝込んでいた事や10代からの肩こり等がありました。
20才を過ぎ結婚しましたが、日常的ストレスによって、27才でうつ病と診断されました。
治療中の薬は全部で5種類、睡眠薬3種類で、薬漬けの日々でしたが、症状は少しずつ改善されていきました。

また、同じ頃、当時3才の息子の広汎性発達障害が判明し、先天性の心臓病があることも指摘されました。
アマルガムが当時体に良くない事は知っていましたが、実際にどう悪いのかよく分かっていませんでした。

アマルガムから出る水銀が、胎児の脳や心臓にも影響があると最近知ったのです。
健康になる努力をしてこなかった自分の無責任さに腹が立ち、子供に対し申し訳ない気持ちでいっぱいです。

うつ症状がなくなってからも、引っ越しして病院が遠くなったために、薬だけをもらう通院が何年も続き、このままで良いのか、終わりがくるのだろうかと思いながら不安な日々を過ごしてきました。
長期にわたり服用してきた精神疾患の薬をやめる事はとても困難で、離脱症状に苦しむ事をよく知っていたからです。

そんな時、ご縁をいただき、平澤歯科医院へ訪れる事ができました。
平澤先生は初めて口の中を見て、「病気になって当たり前。」とおっしゃいました。
右下のアマルガムを除去していただくと神経に近いところまで真っ黒に汚染されていました。
はずれた後の右半身はとても軽くなり、右の首の張り、右目のかすみが無くなりました。
そして左半身はとても重く、背中にジリジリとした痛み、左の首・肩の張り、翌日からは顔の左側だけに吹き出物が出始めました。
同時進行で自宅では薬をやめていくための体づくりと服用の間隔を先生のアドバイスをいただきながら、2日、3日...とコントロールしていきました。

左下のアマルガムも除去していただくと、やはり歯は真っ黒で、歯ぐきの下の方には黒いシミがあった事に気付きました。
アマルガムが口の中から全て無くなってから、少し体が重いような感覚もありましたが、すぐに回復し、体はすっきりしていきました。
アマルガムの水銀は目の裏にも溜まるそうなのですが、除去してから何度かレゾナンスで解毒されていくうちに、くすんで汚かった白目が少しずつ白さを取り戻しつつあります。
10年近く飲み続けた薬を減薬し始めて約3ヶ月になりましたが、特別に重い症状は今のところありません。
ただ、減薬が進むにつれ現れる離脱症状に負けないために、早く体内から排出しなければならないとアドバイスいただき、お水を毎日2リットル飲み、クエン酸も毎日いただくうちに、体調はどんどん良くなっていきました。
離脱症状は今現在、めまい・頭痛・ほてり・思考力が低下するなど、日によって症状が現れていますが、それらを和らげる為に脳に良いとされるサプリメントを摂り、コントロールする必要がありました。

先生はそのサプリメントも私に合った必要なものをレゾナンスでチェックして下さったり、様々なアドバイスや、温かいお言葉をいただきながら減薬を早いペースで進めることができました。
一時、ホルモンのバランスが崩れ、離脱症状が辛く、心が折れそうになっている時、減薬2週間以上経っていました。
先生からは「もう飲まんとき」と、医師の家族の誰からも言われる事のなかった一言でした。
20日以上飲まずに過ごしていますが、うつ症状も重い離脱症状もなく、毎日を過ごせるようになったのは平澤歯科医院の皆様のおかげです。
言葉にし尽せない感謝の気持ちでいっぱいです。不調に悩まれる一人でも多くの方々が健康を取り戻されることを心よりお祈り申し上げます。
本当にありがとうございました。

ノンメタル治療(メタルフリー治療)はこちら
金属アレルギー治療はこちら

ページの先頭へ

東京都日野市 S.H様(40代/男性)

東京都日野市 S.H様(40代/男性)治療が完了してから1か月程経ちますが、手の荒れはほとんど無くなり、首筋のコリも軽くなりました

平澤先生
平澤歯科医院の皆様

拝啓 仲秋の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

この度は大変お世話になりまして、ありがとうございました。
身体だけでなく心まで軽くなった感じです。

年初から手の荒れが酷くなり、薬を塗っても一時的にしか改善されない状況が続いていました。そんな中、銀歯が1本取れてしまい、以前から銀歯は体に良くないということを知っていたため、これを機にセラミックに替えようと思い立ちました。実は年初にも銀歯が1本取れて、行きつけの歯科医院で新しい銀歯を付けてもらったのですが、どうもそれから手の荒れが酷くなり、体調も悪くなったような気がしています。

平澤歯科医院の名前は、既に書籍等で知っておりましたが、一応インターネットでセラミックや歯科医院について情報収集を行いました。行きつけの歯科医院の先生や医院の方々はとても良く、その歯科医院にお願いすることも考えたのですが、セラミックに精通していて実績が多い歯科医院の方が良いと思ったので残念ながら選択肢からは外れてしまいました。
最終的には平澤歯科医院のホームページに掲載されている内容、特に写真、患者様の声、バイオレゾナンス、そしてホームページから患者だけでなくスタッフの方々も大切にされていることが伝わってきたので、やはり平澤先生に診ていただくことにしました。

初診時はかなり時間を取っていただき、丁寧に診察していただきました。
「歯のくいしばりで歯を破壊しています。銀を取り除く前にまずくいしばりを治した方が良いですよ」と指摘され、くいしばりについては以前にも言われたことがありましたが、最近は無くなっていたと思っていたので、これは意外でした。

銀歯の帯電量を調べていただいたところ、「耐えられる数値ではないです。良く普通でいわれますね」とのこと。手に症状が出てくるほどなので、やはり身体が限界だったのだと思います。
「銀を取れば手の荒れは無くなりますよ」と仰られた時に、やはり銀歯が原因だったのだと確信すると同時にとても安心したのを覚えています。

その日に小さなアマルガムを取っていただき、お風呂でのデトックス方法まで教えていただきました。当日はあまり変化を感じなかったのですが、次の日は身体が少し軽くなったように感じました。

歯だけでなく身体を総合的に診てくださっているようで、お言葉にも真心が感じられ、本当に患者のことを考えていらっしゃることが伝わってきました。

歯の状態や費用等から最短の治療計画を作成していただき、治療が始まりましたが、毎回とても丁寧な説明で、本人の意思を最優先させてくださるので麻酔も使用せずに済みました。

最初から無理に麻酔を使用せず、「痛いようなら使用しましょうか?」と仰っていただき、私が「痛くても我慢します」と言ったため、途中何度も手を止めて「大丈夫ですか?」と聞いてくださり、ありがとうございました。今までの歯科医院では普通に麻酔を使用していたので、本人の意思を尊重していただけるのは本当に嬉しく思います。

最初に銀歯を3本取った日の夜、両手が痺れてコップを持つのもやっとという状態になりました。この状態は10日間程で無くなりましたが、麻酔をせずに我慢したからだと思っていたところ、後日伺うと好転反応とのこと。確かに帯電量の一番高い銀歯を取ったからかもしれませんが、それにしてもこれほどの反応が出るということは、今まで相当な負荷が身体に掛かっていたのだと思い、銀歯の恐ろしさを実感しました。

噛み合わせは何度も丁寧に調整してくださり、さらにはバイオレゾナンスまで行っていただきました。価格もとても良心的に思えてなりません。

最初に銀歯を外した日以降、だんだんと手が温かくなり、手の荒れも良くなってきました。現在、治療が完了してから1か月程経ちますが、手の荒れはほとんど無くなり、首筋のコリも軽くなりました

平澤先生が仰られた通りになりました。平澤先生および平澤歯科医院の皆様、本当にありがとうございました。
まだこれからさらに良くなっていくと思いますので、今後がとても楽しみです。

今回の治療期間中、不思議なことに次回診療時に取り外してもらう予定の銀歯が1本自然に取れてしまうことが2回続きました。結果、年初から約半年の間に銀歯が4本も自然に取れたことになります。また、数年前からこの時期に関西に行く予定があったのですが、そのタイミングとも重なりました。やはり銀歯を取り外す時機だったような気がしています。

毎回始発電車に乗って約6時間かかりますが、ワクワクしながら通わせていただいています。

平澤歯科医院はとても明るい雰囲気で、平澤先生だけでなく医院の方々は温かく優しく接して下さいます。
医院の方々全員が毎朝、住吉大社の清塩で手を清められていると伺いました。また、歯科用接着剤は何十種類もある中から身体に良いものを厳選の上に厳選しているとのこと。
患者に見えない部分にまで気を配るその心遣いが温かさや優しさ、そして医院の明るい雰囲気に表れているのだと感じました。

本当に患者のことを考えた治療をしてくださり、おもてなしの心が溢れた平澤先生および平澤歯科医院の皆様に巡り合えたことに感謝致します。

平澤歯科医院にて一日も早く歯科金属の呪縛から解放され、真の健康を取り戻す方がさらに増えていくことを切に願います。

末筆ながら平澤先生および平澤歯科医院の皆様の益々のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

謹白

ノンメタル治療(メタルフリー治療)はこちら
金属アレルギー治療はこちら

ページの先頭へ

大阪府河内長野市 K.K様(40代/女性)

大阪府河内長野市 K.K様(40代/女性)私の不調に真剣に耳を傾けてくれる平沢先生との出会いによって辛い日々から解放された!

平沢先生、スタッフの皆様へ
私の体は、毒素が溜まりやすい体質のようで、20年程前に、皮フ科で金属アレルギーと診断されました。
私の症状というと、

○顔・首・鎖骨に一年中熱をもち赤みがあり、特に夏の暑さで痛痒く、ステロイドを塗り化粧をする
○手の指の爪は、白い部分まで伸びず、折れたり、割れて薄く爪切り不要。(足の指の爪は正常)
○ストレスが溜まるとイライラし、頭の中でカチッと音がするようにスイッチが入り、感情のコントロールができない
○首が常に左の方に少し傾き、自分では、真っ直ぐしているつもりが、写真で傾いているとわかる

など、家族でさえ聞いてもらえない症状に、私は24時間365日辛く、治療の方法もわからないまま、我慢しました。
しかし、ついに私の不調に真剣に耳を傾けて頂ける平沢先生との出会いがあり、辛い日々から解放される時がきたのです。
平沢歯科で驚いたのは、口の中を共鳴装置やゼロテクターで診断、測定するという初めての体験でした。その測定に痛みはなく、診断結果は数値ででるので、自分の体への負担がどれだけのものかはっきりわかります。
ですから早く治療していただき、楽になりたいという気持ちでいっぱいになりました。
平沢先生の治療は、身体に優しい歯の詰め物を入れてくださるとの事でワクワク、ドキドキ。他にもレゾナンス療法、デトックス等、体の隅々まで考えられた治療に驚き感動します。
毎回の治療で「体調どうですか?」と優しく聞いてくださり、良くなった報告を泣きそうになりながら伝えました。
治療が終了し、レントゲンで口の中の金属が無くなった事を確認できた時、もの凄く安心しました。
そして、平沢先生に大変お世話になったのが、治療方法がないと医師に言われていた私の息子の不調でした。平沢先生のアドバイスをいただき、わずか3か月の短い期間で副作用なく改善され、楽しく学校生活を送る事が出来るようになりました。
こんな日が来るとは思いませんでした。
現在息子は、人並みにできる事が増え、「平沢先生のおかげやぁ!」と、喜んでおります。笑顔も増えました。平沢先生の熱意と誠実なお人柄に触れ、心も体も元気にしていただき本当に幸せです。
有難うございました。
どうぞ、これからも家族全員、宜しくお願い申し上げます。
次回の受診も楽しみで仕方ありません。

ノンメタル治療(メタルフリー治療)はこちら
金属アレルギー治療はこちら

ページの先頭へ

兵庫県宝塚市 S.S様(50代/女性)

兵庫県宝塚市 S.S様(50代/女性)最初に金属をはずしてもらった後の解放感爽快感はすごかったです

平澤歯科医院 御中

院長先生
副院長先生
スタッフの皆さま

治療していただくご縁をいただき、ありがとうございます。
おかげさまで苦痛を除去していただき、感謝感謝でございます。
冗文お許しくださいませ。

○受診の動機

平成24年4月にインフルエンザに罹患し、味覚嗅覚障害になりました。
近隣の歯科医院で長年放置していた虫歯の治療も試みたところ、歯の形をした金属を据え付けたような治療で、何度か調整してもらっても噛み合わせの違和感がとれませんでした。それからは微弱ながら頭痛が24時間続いている状態になりました。
根底から身体の調整をしろという天の声と考えることにして、脳幹の刺激など治療を模索するうちに、歯の金属除去をするべきだと考えるに至りました。
平澤先生については、船井華雄先生も絶賛・来院する先生で、初診は数か月まちと友人から聞いておりましたが、待つしかないと覚悟してお願いいたしました。

○初診

初診での患者の最初の状態のチェックの仕方や診療室の雰囲気まで、普通の歯科医院とは全く違うと感じました。
先生がレントゲンを見ながら説明してくださったのですが、右の耳管がつぶれてきていると聞いてびっくり。
時々右耳を引っ張っていたのです、つまっているような感じが続いていました。
噛み合わせが強いため、とは思っておりませんでした。このままでは歯がボロボロになって、10年もたないくらいとお聞きして三度びっくり。

○最初のマウスピース

治療前のマウスピースを数週間使ううちに耳のつまり感が軽減してきました。
慢性頭痛も軽減してきたようにも思いました。ときどきさぼっておりましたが。

○金属除去

最初の歯で金属をはずしている最中は「痛くない!」・「先生上手!」という感じでした。全くのストレスフリーでした。また、最初に金属をはずしてもらった後の解放感爽快感はすごかったです。直後から歯がものすごく楽になりました。
感覚として、他の歯たちが「いいな―、私たちも早く金属はずしてよ―」と騒いでおりました。「頼んでもいっぺんには、はずしてくれないわよ一」と歯をなだめておりました。

○セラミック

噛み合わせの調整は、入念に丁寧にチェックしてくださいました。
副院長先生が、治療を受けている当人が「もう大文夫と思う」と話した箇所も、再度チェックして調理してくださったくらいでした。結果、治療後に違和感が出たところは全くありません。治療箇所は左右上下全部の範囲でした。
数年来、咀嚼ができなかった右側全体の歯も含めて、口内全体で普通に咀嚼して食事をしていることが不思議な気がします。

○治療効果

ます、慢性頭痛がなくなりました。日常は頭の中のどこをさがしても頭痛がなくなりました。これには心底ほっとしております。

昨年は、雨がふる前日から耳がおかしく、痙攣までするようになっておりまして耳で天気予報できました。
治療後に耳が痙攣することは全くありません。今年の秋は台風が多かったですね。
台風がくる前でも全くわからなくなりました。

歯の金属除去の爽快感解放感は味わってみて感動ものでした。

この頃、歩く速度が自然と上がっているのに気付きました。
噛み合わせが定まって、身体の中心が以前より定まりやすいのかというような、歩きやすくなったような実感があります。歩行速度が上がりました。もともと姿勢が悪く、歩行が遅いせいで、わずかな変化でも感じるのかもしれませんが、嬉しいものです。身体全体にとって、大きな改善のようにも思います。
味覚嗅覚に関しては、確実に昨年より回復してきています。
歯の金属除外から2年くらいで回復したとの記述を読んだことがあります。
金属除外が完了して半年くらいすると、体質も変わる?ようなお話をお聞きしました。
完治するかどうかのこだわりはもたないことにしておりますが、今後、変化があるかどうかを楽しみにしております。
―週間風邪をひきずると、30代以降の女性は嗅覚味覚障害、とりわけ旨味障害を発症することがあります。職場の同僚も当初は全く同じ症状でした。
珍しい病ではなくなってきているようです。
30代以降のみなさま、風邪を侮らないで!!!と伝えたいです。
味覚が全くなくなると、ツライですよ!!!

○バイオレゾナンス

さりげなく体調を聞いてくださって、さりげなく併用してくださること、本当に「有難い」ことでございます。施術料が無料でいいのでしょうか?
書籍を読んでも理論は理解できておりませんものの、味覚障害、バクテリアの反応の両方にかけてくださった後、身体の軽いのには驚きました。
体重が減ったみたい(瞬間ダイエット?)に感じました。

先生、スタッフの皆さまがたには、貴いお仕事のますますのご発展をお祈りいたします。
金属除去の爽快感を味わって、肉体の、ひいては精神の真の回復を得る方々が増えていきますように。

今後ともよろしくお願いいたします。

平成25年師走

ノンメタル治療(メタルフリー治療)はこちら
金属アレルギー治療はこちら

ページの先頭へ

京都府京都市 N.A様(30代/女性)

京都府京都市 N.A様(30代/女性)平沢先生の治療は単なる治療に留まらない、学習としての医療

わたしにとって口の中、そして歯のことはほとんどブラック・ボックスだったと思います。最後に歯医者さんに行ったのはいったい何年前なのだろうというほどで、だからこそ歯医者さんに行くこと自体、ちょっとこわいという気持ちがありました。「忙しいし、お金もないし、歯医者さんって何回も行かなきゃいけないし。今はいいや」と何かしら理由をつけては、歯医者さんに行くことを避けて来たような気がします。

歯磨きはしっかりしているつもりだけれど、時々歯が痛くなったりする。そして自分では気がつかないけれども、疲れた日の夜にはひどい歯ぎしりをしていると家族が言う。

それも子どもの頃からずっと。「すごい音なんだよ、歯が壊れるんじゃない?っていうくらい」とは姉にも言われたことが度々でした。だから、口の中や歯のことに問題や課題がない訳ではないということはわかっていたけれど、知らないふりをしてごまかしているという、うっすら不安なブラック・ボックスを抱えもっていたのです。

平沢先生のことは、わたしが学んでいるアレクサンダー・テクニークの先生、新海みどり先生から度々お話を聞いていました。バイオレゾナンスを取り入れて治療して下さることや、熱意のある先生だということなどを聞いて、「もし歯医者さんに行くなら、この先生のところにしよう」ということは決めていました。それでも「京都から遠いな...日程も空きがないし...お金もかかるだろうし」と引き延ばしていました。

しかし今年に入り、何か食べるたびに口内炎ができる。歯が痛む。食事の度にそのような苦痛が訪れるということに悩まされるようになり、ある日とうとうこれはもう今までのように我慢では過ごせない事態なのだろうと思って、勇気を出してお電話しました。

初診で最も衝撃だったことは、レントゲン写真を見ながら平沢先生に「君の歯はとても立派です。お母さんお父さんに感謝して下さい」と言われた後に、「でも、その宝を自分で壊している。噛み締めて、30歳とは思えないほど減っているよ。あごも変形している」とおっしゃられたことでした。歯ぎしりと噛み締めの関係性も、その結果もこの時点ではあまりよく自覚していなかったので、相当な衝撃でした。さらに過去の治療の記憶もありませんでしたが、金属やレジンなどの化学物質の詰め物もあることがわかりました。きちんと噛み締めをやめて緩めてゆけば、3~4年かけてあごの変形は改善されるだろうこと(小顔になるかも!ということでした)、そうすれば最後まで自分の歯を保ってゆけるだろうこともわかりました。

この日、ブラック・ボックスに光があたり、そこに何が今どういう状況であるのかということがわかっただけでも、わたし自身はショックながらもほっとできたような気がします。平沢先生から真摯にお話し頂いたと感じられたことで、これから変わっていきたいということを明確に思えました。自分の身体/丈夫な歯をつくってくれた父母に、初めてちゃんと御礼を言いたい気持ちがして、帰りながら電話もしていました。

ものすごい力を無意識のうちに自分自身にかけている。という事実を認めること。眠っているときだけではなく、何か考えているときやデスクワークのときなど、特に噛み締めていること。もともと食べるのはゆっくりな方でしたが「よく噛むのがいい」という習慣があり、「よく噛む=強く噛む」ことになっていたこと。「唇は閉じているけれど、歯は上下で噛み合さない」と言われたときには、びっくりしました。唇が閉じているとき=歯も合わさっているもの、という習慣があったためです。

初めて左下の歯の金属が取れたとき、平沢先生が「エネルギーの流れが変わったね」とおっしやいました。わたし自身の体感としては、左半身全体がきれいな水が常にサアサアと流れつづけて洗われ続けていくような、澄んだ感じがしました。視界もクリアになり、空間の見え方が明快になるように感じました。

帰り道、ふと自分の左手を見ると、乾燥してひびっぽかった肌が潤っていることに気がつき、驚きました。以前から、手の感覚が鈍くなることがあり、アレクサンダー・テクニークと漢方で以前よりはずっと取り戻されている感じがありましたが、金属が外れたことで一気に加速された感じがしました。
帰宅してからも左目が上下に開きやすく、その結果、楽に見えると感じました。家族や友人にも、「目が楽そう」とか「目が大きくなった」と言われたりもして、これは自分の感覚的なことだけではないのだなと思えて、嬉しく感じました。
口内炎はめったにできなくなりました。金属や化学物質がなくなると、筋肉の緊張や滞りが減るとは聞いていましたが、実感でした。
その後、治療が進んで行く中でわたしにとって良かったなと思えることがほかにもいくつかあります。

一つは英語を話したり、通訳したりするときに、スムーズにことばになっていく感じがあったこと。声にすっとなっていく感じはとても楽で、楽しかったです。

もう一つは、食べ物の味が繊細にわかるようになったこと。うまく言えませんが、自分にとって必要なものかどうか、味覚からも判断できるような感じが増えてきたと思えるのです。

治療の初期に「これからどんどんいろんなことに気がつくと思うけれど、何か変だなおかしいなと思ったら、それは変なんです。自分の感覚を信頼して選んでね」と仰っていただいてから、確かに自宅の中の電磁波がたくさんなところや、いい感じのしない素材などに明確に気がつくようになりました。気がついたらそれを減らしたり、手放したりすることは、身体のみならず、物にも空間的にも選んでいいのだなと決めやすくなったと感じています。

平沢先生やスタッフの方との治療は、わたしにとっては単なる歯科治療に留まらず、<学習としての医療>ではないかと思っています。流れを止めているものに気づき、それが外れると、必要なところに力が届くようになる。もう必要でないもの(金属や噛み締めの力)は手放していけばいいのだなと思いました。手放すためにはいくつか訓練や練習も必要ですが、それに取り組む意欲や意識がちゃんと出てくる気がします。学んでいるアレクサンダー・テクニークの考えやあり方とも重なり、はっきりとそう思えたことは大きいです。

自分自身、まさに自分の身体への信頼感が増えてゆく感じは、シンプルに心地よくて、力強い手助けでした。不安なブラック・ボックスは今は、丸い、思っていたよりも広い、不安ではないところになりました。どういうふうに変わっていけるのか、どんなことが起こっていくのかという好奇心が生まれるところにさえ、なっていったと思います。まだまだ噛み締めの力を緩めるための練習はつづいていますが、あきらめず、根気づよくいきたいと思っています。
平沢先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2013年 春

ノンメタル治療(メタルフリー治療)はこちら
金属アレルギー治療はこちら

ページの先頭へ

岡山県岡山市 O.K様-娘様(40代/女性)

また、娘様からは本当に心のこもった長いお手紙を頂戴しました。スタッフ一同喜んでおります。ありがとうございました

岡山県岡山市 O.K様-娘様(40代/女性)費用、時間、身体の負担など総ての面での負担を最小限に、且つ、最良の治療をしてもらった!

平澤先生、福井様、他スタッフの皆様へ

親子ともども、大変お世話になっております。
岡山県から通う私の都合にあわせて、効率良く、そして親身に対応して下さいまして、本当に有難かったです。
費用、時間、身体の負担など、総ての面での負担を最小限に、且つ、最良の治療を行っていただけました。
お陰さまで、今では寝込む事も全く無くなり、毎日を軽やかに過ごしております。 本当に有り難うございました。

通院を決める際には、費用から諸々の不安が有りまして躊躇するものがございましたが、平澤先生に治療をして頂けた幸運、そして、福井様を始め、スタッフの皆様方とのご縁に感謝しております。
一体、何のご褒美だろう。こんな幸運が私の身に。。。と思っています。
有り難うございました。

平澤先生の事は、船井幸雄氏のHPでの推薦文から知りました。
その後は、ほぼ毎日の様に平澤歯科医院のHPを拝見させて頂きました。
先生の医療への真摯な思い、患者へ寄り添った医療、そして暖かく優しいお人柄がHPから伝わってきました。
HP上にある「人は元々素晴らしい」という言葉は、とても元気になりました。
この言葉に、先生のお人柄の総てあらわれてる様に思います。
初診で、初めてお会いした時、ご挨拶しただけなのに、直感で「この先生なら大丈夫!信じられる!治して頂ける!」と強く感じました。
その直感に間違いはありませんでした。その感に間違いは無く、今では、歯科の先生でいらっしゃる方なのに、まるで我が家の主治医かのように思っております。(勝手に申し訳ございませんm(_ _)m)

と申しますのも、通院中に幾つかの出来事によるものでした。
会社の定期健康診断で、少し気になるヶ所が発見され、お忙しい先生にご迷惑かと思ったのですが、相談をさせて頂いた時の事です。
上手く表現出来ないのですが、上辺上ではなく、心の伴った暖かさを感じられました。
他人である先生の方が、私以上に私の身体を案じて下さっている事に、反省をしました。
もっと、自分自身を大切にしなくては、私を案じてくれる先生や母、周りの人々に申し訳ないと思いました。
健診の結果は、大事に至らず一安心なものでしたが、これを機に、生活習慣を改め、先生から頂いたアドバイスを活かし、心も身体もきちんと向き合って改善しようと思いました。
食事などは素材に気を付けて選ぶ、旬の物を頂く、化学調味料など避ける、豆乳を飲む、調理方法(蒸す)・調理器具に気を遣う、起こった出来事を前向きに受け入れ、明るく優しくプラス思考で過ごす。言葉は明るい言葉を使う。
マイナス思考の癖を自分でプラスへ転じる様癖付ける。etc。。。
実行してみると、身体は直ぐに答えてくれて、良くも悪くも生活した通り、食べた物の通りの成果を表してくれるので驚きます。

また、初診の時の事です。一番最初に、先生から思いもよらない言葉を告げられました。

「耳が聞こえ辛くありませんか?くいしばりによって、耳の穴が圧迫されて小さくなっています。まずはこれを緩和させる為に、マウスピースをして暫く過ごしてみて欲しいのです。状況が良くなったら、治療開始が出来ます。このままの状態で、新しい被せ物をしても、直ぐに粉々に砕けて割れてしまうでしょう。」
とても驚きました。
大勢での賑やかな場所での外食時など、会話が聴き取り難く、話しかけられても、取敢えず笑って、場の雰囲気を壊さない様に相槌を打ち、取り繕うのに懸命で、いつも気疲れで終わっておりました。
これ迄、歯科には良く通っておりましたが、この様な事を指摘された事は有りませんでした。
早速、マウスピースを作って頂き、就寝時にはめて眠る生活をひと月半程送った後に、晴れて治療開始となりました。

私の口内には、かなり多くの銀歯がありました。
最初の銀歯が除去された瞬間、額と頭の際辺りがスコンと抜けた感覚がありました。
すると、先生が「今一本目を外しました」とおっしゃいました。
呼吸も深く楽になっていました。「へ~!?こういう事なのか」と物凄く腑に落ちました。
治療を終えて、帰りの電車に乗る頃には、腕がしっとり餅もちしていてとても不思議でした。
夜、自宅に着く頃には、顔や足など全身がしっとり餅もちしていました。
翌日の目覚めは、とても軽いものでした。身体の力が緩み心も軽くなったかの様な感じが有りました。

思えば、この銀歯を詰めた頃より1年後位から体調が悪化して行った様な気がします。ゆっくりとゆっくりと余り自覚なしに。。。風邪など、滅多に引くことも無かった私でしたが、ひき易くなり、伴い頭痛も出る、疲れた時には蕁麻疹が膝辺りに出る様に。
他、下記の様な諸々の状況にありました。
低血圧、低体温、仕事に差し支える程の頭痛、肩こり、肩甲骨のこり(眠れなくなる事も)、目元のしょぼしょぼ疲労感(朝一番から)、全身に蕁麻疹が出て、一週間程寝込む事も有りました。
はたと気付けば、虚弱体質になっていました。あれっ、こんなんだったっけ?という感じです。
気持ちのふり幅が多く、怒りっぽく涙っぽく、周囲の人からも指摘される程でした。
自分でも自覚していましたが、気持ちのコントロールは難しかったです。
治療が進むにつれて徐々に詰めものがノンメタルへと代わっていき、それに伴い私の心と身体も大きく変わっていきました。
以前、冷たい物の食べ過ぎによる内臓の冷えから呼吸困難に陥った事がありました。
以降、呼吸関係がトラウマとなっておりましたが、いつの間にか、全く気にならなくなっていました。
そして、上記の不調が一掃されていました。いつの間にか気が付けば、あれっ そういえば最近ない!という感じでした。花粉症も全く無くなっていました。鼻炎に悩まされる事も殆どというか皆無に近いです。あれ程悩まされていた蕁麻疹も出ません。
当初、「どこで噛んで良いのか探している状態」とのご指摘を頂いておりましたが、先生が噛み合わせも細心の注意を払いながら何度も調整を行って下さりながら進めて下さったお陰で、(微妙な高さ等の違和感は、レゾナンスを用いて測定)、身体バランスが良くなったせいか、コリなどの様々な不調がなくなりました。(アンチエイジング効果もありとの事です(*^_^*))
身体がほぐれると心も緩み、以前より許容範囲が増した様に思えます。おおらかになれるというか。。。楽です。

また、もう一つ長年の悩みの種が有りました。
左右の下二本の歯の根元を押さえるとやや和らぐ感のある、嫌な予感の頭痛です。
これは、ますます状態が悪化していき、寝込む程になっておりました。当時、通っておりました歯科では、
「根の部分への薬が奥まで届いていないのかもしれません。この部分の治療は、大変なのでもう少し悪くなってから行った方が良いかと思います」との事でした。徐々に、悪化して行く中で、良くない病気が潜んでいるのではなどという漠然とした不安を持つようになりました。
平澤先生に、この痛みについて伝えると、早速バイオレゾナンスを用いて測定を行って下さいました。
直ぐに「歯が原因ではありません。たぶん、食事の折か、何かの拍子に菌が入ってしまったのではないかと思われます。掛かっておられた歯科での処置も良い状態の様ですので安心して下さい」との回答を頂きました。
歯が原因でないのなら、どこに行ったら治るのだろうかと暗澹とした寄る辺のない気持ちになり、殆ど泣きそうな状態で先生に、
「では、どこへゆけば治して貰えるのでしょうか?」と聞くと、
「ここで出来ますよ。バイオレゾナンスで症状に合う漢方を探してみましょう。しばらくそれを飲んで頂いて、良くならなければ、骨の洗浄をする事になりますがどうなさいますか?良くある事なんですよ。大丈夫です。安心して下さい。」との言葉。
骨の洗浄なんて聞いた時は、かなり不安になりましたが、この際そんな事を言ってはいられないので、「お願いします」と即答しておりました。
あんなにも直ぐに解決策が得られるとは思いもよりませんでした。
先生が、バイオレゾナンスでないとこういう微妙な作業は、なかなか難しいところが有るのですとおっしゃられていました。
これで解放されると思うと、本当にあの時は嬉しかったです。
この病院に掛かっていなければ、もしかしたら色々な機関を回って沢山の検査をして、費用も時間も身体の負担も大きなものになっていたのではと思うとほっとします。
その日の帰りの窓口で漢方を頂き、その日の夜から飲み始めました。
経過は順調で、飲み始めて暫くすると殆ど痛みが無くなりました。今では、体調の悪い時に時々、少し根の部分が気になる程度になりました。あれ程辛かった日々が嘘の様です。

先生の治療は、歯だけではなく、心と身体の総てを総合的に診てくださった上のもので、私の身体の声を拾ってくださり、最善の状態へ導いていくという、真心のこもったものでした。
どんなに忙しそうな時でも、ちゃんと向き合って話をして下さるので、とても落ち着いていられました。
不安や、疑問については、何度でも丁寧に説明をくださるので、安心して治療を受けられました。
むし歯とばかり思っていた歯が、くいしばりによるものだったというのも目から鱗でした。
私の心の状態が、身体を凝り固まらせ緊張させ、バランスを崩し、ゆっくりと崩壊させて行っていた事。
ある日の先生の「この下の二本の歯は、とても頑張ってくれていますよ」の言葉は、とても胸に響きました。
とてもとても悩まされていた二本の歯でしたが、一生懸命頑張ってくれていた。。。
もっとこれからは、身体に感謝をして労わり、私自身の心も含めて大切にしようと思い感謝しました。
治療の間じゅう、心の中で「ありがとう、ありがとう」とつぶやいていました。
当時の私はいらいらと怒りっぽく、涙もろく、感情のふり幅が大きく、不安を感じ易くマイナス思考でした。
先生は、心の状態にも気を配ってくださり、ゆっくりゆっくりとしなびた緑が水を与えられ隅々に染み込んでいくかの様にほぐしていって下さいました。先生と話をしていると、何故か涙がこぼれる事も。。。通うごとに、心と身体が解きほぐされて行きました。
歯医者に通っているのに、セラピー、内科に掛かっているかのような全身を委ねた気持ちになる事が出来て、不思議な感じです。
朝が苦手な私ですが、毎週土曜日には六時過ぎに家を出て、お昼前の予約時間に伺うのも苦痛ではなく、むしろ楽しみの時となっておりました。

ここで、初めて知った振動医学(バイオレゾナンス)。
なんて自然で、深い世界なんだろうと思いました。
また、電磁波が心や身体、人だけでなく総ての事に大きな影響を及ぼしていることにも驚嘆いたしました。
この病院にいると、私はいつも気持ちが和らぎとても機嫌が良く身体が軽く感じていました。
興味深々で待合室でも暇な時間などは無く、本棚から色々と勉強をさせて頂き、沢山の事を知る事が出来ました。
先生も、沢山の事を惜しまず丁寧に教えて下さいました。ここでの日々は、私の人生の大きな転機となりました。

この様に、興味を持って日々を送れるようになったのも、心身の健康が有るからこそとしみじみ思いました。体調が悪いときは、何をするにも億劫で、何一つ行う気にはなれませんでした。マイナス思考に陥ってゆくばかりの日々でした。
また再び、こんなに元気に「~をしたい」とその気になれる生活を送る事ができてとても楽しいです。
何より、母があまりの変貌に、驚き喜んでくれています。「良かった良かった本当に久しぶりだね。活動的なのは」と。。。
今では、母も先生にお世話になっております。母の事に対しても、とても良心的に親身に対応してくださり、とても嬉しく感謝しております。

幸運にもこの様な転機に恵まれ本当に有り難く思っております。辛い日々も、今思えば体験して本当に貴重な糧となり良かったです。
でもやはり失ってしまった物もとても大きかったように思います。
先生が「ここまで経験しないといけなかったものがあったのかもね。。。」とつぶやかれた言葉がとても身に染みました。
やはり経験しないとどうにも改心出来ない愚かさが悲しいです。
皆が最初からこの様な治療を気軽に受けられる様な世の中に早くなると良いなと心から思いました。
その頃は、とても優しい世の中になっているのだろうなと。。。

平澤先生の様な先駆者の方々のお陰で、この様な恩恵にあずかる事が出来た幸運に深い感謝と尊敬の念で一杯です。有難うございました。

最後に、先生、福井様、そしてスタッフの皆様、
まだまだ自分を律することが難しく情けない私ですが、今後とも親子ともども、暖かいご指導の程、どうぞ宜しくお願い致します。

長くなりまして申し訳ございません。有難うございました。

ノンメタル治療(メタルフリー治療)はこちら
金属アレルギー治療はこちら

ページの先頭へ

京都府 A.M様(60代/女性)

京都府 A.M様(60代/女性)歯科金属を取り除いて

私は、二十数年前に頚椎症になり、整形外科へも二年半ほどの間、ほぼ毎日通いましたが治らず、その後幾つもの治療法や健康法を試みたものの思わしくありませんでした。
十数年前、アレクサンダー・テクニックに出会い、まったく動かなかった首と左手が動くようになり、痛みも軽減されました。それでもまだ、睡眠剤を飲んでも熟睡できない毎日でした。

ドイツ振動医学に出会い、貝塚の濱田吉通先生から、平澤先生を紹介して頂きました。
それまで、どこの歯科でも見つからなかった右の歯の根のところにある腫瘍を摘出し、一度抜いた歯を移植するという手術を受けました。難しい手術でしょうが、患者は楽でした。
そして右の顎が軽くなりました。

その後、次々に銀の詰め物を取って頂き、左の奥の大きなかぶせ物を取り除いて頂いた帰り、いつも首の奥にあった、小さいシコリが無くなっているのに気付きました。

現在は、体の痛みは半減し、ずいぶん楽です。
そして、約半年経って気付いたものは、顔のシミが薄くなっていることです。
年(64歳です)のせいと諦めていましたが、やはり嬉しいです。

また私は、50年以上も鬱傾向で辛い人生でしたが、それも軽くなってきています。
歯科金属がこんなにも全身に影響を及ぼすとは、全く知りませんでした。
もっともっと多くの人に知って頂きたいです。
これまでの西洋医学だけでは分からないことが沢山あります。
「怠けている」とか、「気のせい」などと言われ傷つきました。

ドイツ振動医学がもっと普及し、鍼灸などのように健康保険で受けられる日が来ることを願ってやみません。

ノンメタル治療(メタルフリー治療)はこちら
金属アレルギー治療はこちら

ページの先頭へ

奈良県 K.Y様(30代/女性)

掌蹠膿疱症が判断できる歯科医

平澤先生は、もちろん歯科医師でありますが、私にとってはカウンセラーであり、皮膚科の先生のようでもありました。
本当に親身になって頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

私は5,6年右手の手荒れに悩んでいました。
仕事柄よく手を使い、洗う回数も多いので、そのせいかなと思っていましたが、いくら気をつけても直らず、なぜ右手だけ?という疑問もあり、インターネットなどで調べるうちに、私は「掌蹠膿疱症」ではないかと思うようになりました。

掌蹠膿疱症の原因が歯科金属にあるかもしれないということを知り、2,3年前にしか金属に詳しいであろう歯科の門を叩いてみたことがありますが、見積もりでの高額な料金と、こちらに選択肢が与えられないような感じがして、初日の歯の検査のみで、歯科金属を除去することを諦めてしまいました。

皮膚科に行っても、「手湿疹」と言われ、ステロイドを処方されるだけで、どこに行っても私の行ってほしい答えを出してくれるところはなく、月日が経ち症状が進行して仕事にも支障をきたすようになり、どうしようもなくなってきた時、やはり歯科金属が原因なのかも...ということが頭の片隅から離れず、私の場合これに当てはまるかどうか分からないけど、これが原因かなと思うものは1個1個消去法で治していこうと思いました。

そして切羽詰った状態で、運よく平澤歯科医院のホームページにたどり着き、治療を始めることになりました。初めて伺った日、「手が荒れているので、歯科金属を外したいのです」とストレートに伝えました。

銀歯に溜まった電流を計ってもらうと、11マイクロアンペアという数字が出て、生体の許容範囲である3マイクロアンペアをかなり超えているということで、「もう今日、2本とも外してしまいましょう」とおっしゃって頂き、やっと外せる...そこに解決の糸口を見出せそうな気がしました。

手の症状を見て、膿疱がはっきりできていたわけではないので判り辛かったと思うのですが、「掌蹠膿疱症」かもね...とおっしゃり、まさか歯科医の口から私の言ってほしかった答えを初めて聞くとは思ってもみませんでしたが、ようやく向き合えたような気持ちになりました。
歯科金属を外したから、好転反応で一時的に症状がどっと悪くなるかもしれないけど、ということを伝えられました。

2回目に伺った時、「手の状態は少し良くなったように感じます」と伝えると、「まだまだ出てくるからね」と。先生は様々な臨床や経験からそうおっしゃったのだと思いますが、今思えば、その後の状態を予言していたかのようです。

歯科金属を外して、半月くらい経った頃、先生のおっしゃっていたのはこの事か...と身をもって感じずにはいられませんでした。膿疱が右手いっぱいに溢れるように現れ、1個1個がはち切れんばかりに膨れ上がり、そして敗れて、皮膚が全部かさぶたのようになって剥がれ、生まれ変わったような肌になりました。

「体は一生懸命に悪いものを出そうと頑張ってくれているから、しんどいけど今出してしまった方がいいからね。体は確実に良い方向に向かっているのは間違いないから」と、治療の度におっしゃって頂き、どれだけ励まされ、慰められたか知れません。
これだけ反応があるってことは、やはり歯科金属が体にとって良くなかったのだと確信し、又、自分の体が見せる反応に、本当に頑張ってくれているのだと、愛おしくさえ思えました。

一気にひどくなった時には、仕事を辞める事を一旦は決意しましたが、その嵐の通り過ぎてゆく頃にはほっとしたら続けられるかも...と1週間ほどで気持ちも変化してゆきました。
その後、神経を抜いてある歯にホルマリンクレゾール(ホルムアルデヒド含)という化学物質が使用されているということで、歯の根管治療を体に優しい方法で治療しなおしました。

さまざまな体にとっては良くないものが知らないうちに治療に用いられ、口の中に存在することが怖いと思いました。
昔は当たり前であった歯科材料や治療方法は、今や当たり前ではなくなってきているというのをすごく感じました。
人体にとってよくないと知りながら、仕方なくそれらを使用する医師もいるのかなと思いますが、平澤先生はそれが出来ない医師だと思います。だから安心して治療を受けることができました。

治療を始めて3ヶ月ほど経ち、手足の状態共にきれいになりました。
歯の治療とあわせて、バイオレゾナンスも毎回受けさせて頂き、これだけの早い回復に大きく影響していたのだと思います。
レゾナンスがもっと周知され、マッサージに行くような感覚で気軽に受けられるようになれば良いなと思いました。
皮膚に関しては、脇浜診療所の濱田先生を紹介して頂き、漢方の治療でこちらでも大変お世話になっています。
「歯科医で掌蹠膿疱症を判断できるのは平澤先生くらいだよ。良い医院にかかったね」と濱田先生におっしゃって頂き、嬉しい気持ちになりました。

先生もスタッフの方々も、お会いする度に、「体の調子はどう?」「手の状態は?」と声をかけて下さり、その気持ちと言葉で辛い状態を乗り越えさせてもらえた気がします。
本当にお世話になりました。ありがとうございます。
あの時、思い切って行動して良かったです。

平澤歯科医院が掌蹠膿疱症や原因不明の症状で辛い思いをされている方々の一筋の希望の光になりますように...

ノンメタル治療(メタルフリー治療)はこちら
金属アレルギー治療はこちら

ページの先頭へ

三重県伊勢市 (60代/女性)

三重県伊勢市 60代 女性白板症が消えた

平澤医院で18本歯の金属をはずしてもらって良かったことは次の3点です。
・白板症が手術をしなくても、消えた。
・口だけでなく、体全体が軽くなった。
・第三の歯が芽えた感じ。

ザ・フナイの本で平澤先生の記事を読み、歯の金属を外す決心をした。約四ヶ月で全てを外して、セラミックを入れてもらい、毎回レゾナンスの治療も受けた。
その結果、白板症が消えた。その時は本当にうれしかった。
平澤医院では、歯だけでなく心と体全体を見ながら治療していただき、先生のご好意とスタッフの温かさを感じ、感謝です。
又、私自身は金属を外せば、必ず白板症が消えると強くイメージしたことが、良かったと思う。

ノンメタル治療(メタルフリー治療)はこちら
金属アレルギー治療はこちら

ページの先頭へ

大阪市 (女性/30代)

交通事故にあってから、腰痛・首の痛みがひどく、仕事から帰ると寝てばかりの日々が2か月ほど続きました。早く治る治療法はないかと探していた時、平澤歯科のレゾナンス療法と出会いました。私は2年ほど前からホメオパシー療法に取り組んでいたので、これはよさそうだと試してみることにしました。事故による腰痛で、コルセットをしないと歩くのも痛かった腰が、レゾナンス療法受けることにより、気づいたら痛みが消えていました。まだ、完治という訳ではありませんが、短期間でほぼ元通りまでに回復しました。
また、学生時代から肩こりがひどかったので、マウスピース・金属類の除去を先生からすすめられて、試しました。マウスピースをつけた最初の1日目は違和感がありましたが、2日目から位違和感なく、つけて寝ると翌朝、快適に目が覚めます。それに、コラントッテ (磁石のこりをとるもの)を外すと3日くらいで、肩こりがしていたのですが、コラントッテをしなくても肩こりしなくなりました。口呼吸も改善されたみたいです。金属類を除去することによる体調の変化はよくわからなかったのですが、笑うと見える銀歯がいやだったので、きれいになってとても嬉しいです。
歯医者はちゃんとしたところを選ばないと説明不足であったり、高額な値段を請求されたりすると聞きます。平澤歯科は、先生やスタッフの方もやさしくて、治療方法も患者側に負担がないようにとすごく考えていらっしゃるし、きちん説明して下さるので、安心して通えるなと思いました。
皆様、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

ノンメタル治療(メタルフリー治療)はこちら
金属アレルギー治療はこちら

ページの先頭へ

兵庫県西宮市 K.S様(30代)

兵庫県西宮市 K.S様(30代)バイオレゾナンスであらゆる症状が改善した

今年2010年春より通い始めて銀歯を除去して頂き、バイオレゾナンス治療を受けて私の身に起こった変化は下記の
①10年間服薬している安定剤が12錠から3錠へ
②アトピーで酷かった皮フがきれいになった。
③体温が1度上がった。
④原因不明の耳鳴り、頭の鈍痛、肩こりがまったくなくなった。

①本当に驚いているのが安定剤の量が劇的に減った事です。10年間いろいろな方法を試してきましたが、まったく薬の減量できなかったのに、通院初日バイオレゾナンスを受けて次の日からいきなり3錠減らす事ができ、その効果にびっくりです。また、銀歯がなくなってから、次第に服薬量も少なくなっていき、半年程で12錠から3錠まで減らす事ができました。あともうひと息!!完全になくなる事が目標です。

②アトピーは子供の頃からひどく絶えずステロイドが必要だったのですが、今は毎日塗る事はなくなりました。皮フがガサガサで大浴場や温泉に入るのに抵抗があったのですが今は心理的になんの問題もありません。周りからは皮フがきれいになったからか、「若くなった」と言われる事が多いです。

③極度の冷え性で夏場はクーラーにあたっていると、寒くて上着が必要でしたが、今は半袖でも大丈夫になりました。また、秋になって気温が下がってきても以前のように重ね着する必要はなくなりました。

④原因不明の耳鳴り、頭痛、肩こりに悩まされていたのですが、その症状がまったくなくなりました。本当に身体が軽くなりました。

この半年で起こった変化は本当に驚くべきもので、生命力が上がった気がします。歯医者さんに通って歯の治療を受けてここまでの症状がまったくなくなったり、改善されるとは思っていまいませんでした。最近は生きる事が楽しくて楽しくて仕方ありません。

ノンメタル治療(メタルフリー治療)はこちら
金属アレルギー治療はこちら

ページの先頭へ

大阪市 T.I様(50代)

平澤歯科医院を推薦

平澤歯科医院は、漢方が出たり、レゾナンスという治療方法で全身を診たりと、普通の歯科医院ではない。
しかし、そこが素晴らしい。
歯は全身の健康と大いに関係している。歯だけをみて治療するのは部分最適であって、全体最適ではないということである。医療に携わる者として、大いに納得できるし、そうした考えは大賛成である。しかし、身体は実に奥深い。生半可な知識では、余計に悪影響を及ぼすことにもなるであろう。
その点、平澤先生はよく勉強をされておられ、そうした心配も不要。
安心して、治療を受けられることを皆様に勧めたい。

ページの先頭へ

大阪・東京2つのクリニックで治療が受けられます。
※予約制になっておりますので、初診の方はお電話にてご予約ください。

大阪医院
東京医院