医療法人福涛会

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪府茨木市 S.T様(40代/女性)

大阪府茨木市 S.T様(40代/女性)経験した人にしか分からないのかもしれないが、歯の金属が体に負担をかけていろんな病気を引き起こしているんだろうなと感じる

私が、歯から金属を外してもらっていちばん驚いたことは、長年悩まされてきた頭痛が軽くなったことです。
私は、小学校高学年くらいから朝起きると頭が痛く、しばしば学校を休むようになりました。中学生になっても、高校生になっても、大学生になっても、その痛みはましになるどころか どんどんひどくなって生活に支障をきたすようになり いつも痛み止めを持ち歩いていました。

30才のときに結婚 半年後に授かった男の子を死産したあと ホルモンバランスは崩れ、産婦人科の先生に基礎体温をつけるように言われました。基礎体温をつけるようになって、低体温期になるとひどい頭痛が起きていることがわかりました。
あまりの痛さに微動だにできず吐き続ける私に脳神経科の先生は「頭痛は痛み始めたらすぐにお薬を飲まないといけない。痛みがひどくなってからではどんなきついお薬でもきかないよ」とアドバイスしてくれました。

それが分かっていても無事に元気な赤ちゃんを産みたくて、頭痛が始まってもお薬を飲まずに痛みを我慢する、するとやはりこのまま死んでしまうのじゃないかと思うくらいの痛みになり、痛み始めてすぐにお薬を飲まなかったことを後悔する...毎月そんな事を繰り返していました。

なんとか二人の男の子を出産したものの 相変わらす頭痛には悩まされていました。
この度平沢先生とご縁をいただいて お口の中の金属が体に負担をかけていることを知りました。農薬を使った食べ物や合成洗剤 電磁波対策をしていない電化製品など、もともと体に害のある物はできるだけ近づけないことを心がけてきた私にはとても興味のあるお話ですぐにお口の中から金属を外していきたいと思いました。
ただ、金属を外したら頭痛が楽になると思うよって先生は言ってくださっても、ホルモンの影響からくる頭痛だからきっと頭痛はなくならないだろうな...って 頭痛においてはあまり期待していませんでした。

でもお口から金属がなくなって2ヶ月したとき、あれ?お薬飲んでない...とふと気づいたのです。今朝も久しぶりに頭が痛くて、低体温期に入ったんだな...お薬どうしよっかな...と思いながら家事をしていたら、いつの間にか痛みが和らいでいました。
家事にも育児にもお休みはなくて、での月の半分以上頭痛がひどくて、今から思えばとてもつらい日々でした。家族にも随分迷惑をかけ寂しい思いをさせてしまいました。

近所のお友達も子供を産んでから虫歯がいっぱいできて金属だらけになったとたん肩が凝ったり頭痛がするようになったと言います。
経験した人にしか分からないのかもしれませんが、歯の金属が体に負担をかけていろんな病気を引き起こしているんだろうなって感じています。
もっと早く平沢先生に出会いたかったし、お口の中を本来の自然な形に戻すことによって慢性的な病気が和らいで生活が楽になるということをもっとたくさんの人が知ることができたらいいのに...って思います。
歯は一度削ったり抜いたりしたものは取り戻すことができません。
子供たちはまだ小さくて平沢先生はお家から遠くて通うのは少し大変ですが、平沢先生のお人柄と知識と技術はとても豊かで安心してお任せすることができます。
歯科衛生士のみなさまも 平沢先生のもといろんなことを勉強されているんだろうなって感じます。私の治療が終わったら夫も治療していただくこと楽しみにしていますので これからも末長くよろしくお願いいたします。

ノンメタル治療(メタルフリー治療)はこちら
金属アレルギー治療はこちら

ページの先頭へ

大阪・東京2つのクリニックで治療が受けられます。
※予約制になっておりますので、初診の方はお電話にてご予約ください。

大阪医院
東京医院