医療法人福涛会

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

メタルフリー治療 Q&A

Q: 歯の金属を外すと、体の調子が良くなるのは本当ですか?

殆どの方が金属を外すと、患者様からは「疲れにくくなった」「肩こりや頭痛が軽くなった」「緊張がとれた」というお声が多く聞かれます。 個人差がありますので、必ずしもお約束できるものではありませんが、当院のレゾナンスドセラミックノンメタル治療を行った事により、ご自身が本来持っている自然治癒力が高まり、体調が元に戻りやすくなります。患者様の歯から始まる健康に貢献させて頂けることが、歯科医師としての喜びです。

Q: 一般的なセラミックの詰め物と、レゾナンスドセラミックは何が違うのですか?

当院のセラミックは、試行錯誤の結果、身体に非常に良い材質のものを開発して使用しています。「レゾナンスドセラミック」と呼んでいます。 また、セラミックを入れる歯の土台となるコアもノンメタルですので、患者様には安心して治療を受けていただくことが出来ます。 現在、特に症状のない方はもちろん、アンチエイジングを目指されている方、内科・皮膚科で治らない症状(頭痛めまい不眠金属アレルギーアトピーなど)がある方にも推奨できる素材です。

Q: 表面的にはセラミックの歯に見えても、金属が入っていることがあるのですか?

「メタルボンド」と言われる被せ物で、金属のフレームの上にセラミックを被せたものです。利点は、耐久性があるということですが、セラミックだけの被せ物に比べると、金属を使用しているため金属アレルギーの方には不向きです。

Q: 歯の金属にはガルバニック電流が流れていると聞きましたが、セラミックの歯には電流は流れないのでしょうか?
セラミックの素材は陶器ですので、電流は流れません。当院のレゾナンスドセラミックも、もちろん電気は流れません。銀の包み紙やアルミホイル、金属製のスプーンを噛んでピリッとしたり、キーンと感じた経験はありませんか?これがガルバニック電流です。
ガルバニック電流は、通常は異なる種類の金属が触れ合うことで発生しますが、お口の中は唾液で電気の伝導性が高まっているため、一種類の歯の金属が存在するだけでもガルバニック電流を発生させてしまうのです。

Q: 金属の詰め物を外すと、アレルギー症状がすぐに改善するのでしょうか?
ノンメタル治療を行っても、個人差があるため、すぐには改善するとは断言できませんが、少なくとも金属を外すことによって、金属が身体の中に溶け出すことは防ぐことが出来ます。
更に、金属を外すと免疫力が上がり、一時的に好転反応で症状が悪化したように感じられる期間もありますが、腸や脂肪に蓄積された金属が解毒されることで徐々に改善傾向にむかわれるケースも少なくありません。

大阪・東京2つのクリニックで治療が受けられます。
※予約制になっておりますので、初診の方はお電話にてご予約ください。

大阪医院
東京医院