医療法人福涛会

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

アレルギー性鼻炎・花粉症の原因とは

アレルギー性鼻炎・花粉症の原因とはハウスダストや花粉など、アレルギー反応を起こす原因物質「アレルゲン」が体内の免疫システムを刺激して様々な症状を引き起こすのがアレルギー性鼻炎です。アレルギー性鼻炎の3大症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりで、季節に関係のない鼻炎は「通年性」、一般的に花粉症と呼ばれる鼻炎は「季節性」に分類されます。

知っておきたいアレルギー性鼻炎のメカニズム
アレルギーは、異物に対する防御システムが働いて起こるものです。アレルギー性鼻炎は、ハウスダスト、花粉類、カビ類、動物の毛・ふけなど、体にとって異物となるこれらのアレルゲンに対して過敏症状を起こしてしまうのです。

アレルゲンが体内に入ると、まず異物を何でも食べる細胞「マクロファージ」が食べ、その情報を「リンパ球」に伝えます。リンパ球は異物と認識して、次に入ってきたらすぐに攻撃できるよう、目印となる抗体を作ります。抗体は血液や粘膜内にある肥満細胞にくっつきます。

再びアレルゲンが体内に入ると、抗体のくっついた肥満細胞の表面で、アレルゲンと抗体は鍵と鍵穴のように結合します(抗原抗体反応)。これが引き金となって、炎症を引き起こす化学伝達物質(ヒスタミン、ロイコトリエンなど)が肥満細胞から放出されます。ヒスタミンは知覚神経を刺激してくしゃみや鼻水を、ロイコトリエンは鼻粘膜の血管を刺激して鼻づまりを起こします。

大阪・東京2つのクリニックで治療が受けられます。
※予約制になっておりますので、初診の方はお電話にてご予約ください。

大阪医院
東京医院