医療法人福涛会

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

咬み合わせの不具合がめまいや耳鳴りに影響も

耳鳴り咬み合わせの悪い方の多くは顎が後方にずれているため、耳管が下顎頭と呼ばれる下顎の一部分によって圧迫され、それによって耳鳴りが発生することがあると言われています。また顎関節は側頭骨と下顎骨で関節を作っており、食事などで物を噛むと大きな力がかかります。そのため、咬み合わせの不具合により歪んだ関節で物を噛んでいると、側頭骨にも歪みが伝達されてしまい、めまいや耳鳴りが起こる場合もあると考えられているのです。

また、顎関節の周囲の筋肉や靭帯が縮むことにより、その力が内耳まで影響してしまい、めまいや耳鳴り、難聴になる場合もあると言われています。咬み合わせに根本的な原因があるのに、その部分を治療せずに骨盤のズレや背骨の歪みを調整しても、症状が完全によくなることはありません。耳鼻咽喉科や内科、脳神経外科を受診しても、めまいや耳鳴りが治らない場合は咬み合わせ治療を重視している歯科を受診してください。

大阪・東京2つのクリニックで治療が受けられます。
※予約制になっておりますので、初診の方はお電話にてご予約ください。

大阪医院
東京医院