医療法人福涛会

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

金属アレルギーには2つのタイプがあります

金属アレルギーは食物アレルギーや花粉症などと異なり、金属そのものがアレルゲンではなく、金属から溶け出した金属イオンが人の汗や唾液と結合し、タンパク質に変化することでアレルギーの原因となります。

金属アレルギーには金属に直接触れた箇所が赤くなり、かぶれたり痒みを感じたりする「接触皮膚炎」と、手や足などの思いがけない箇所に症状が出る「全身性皮膚炎」があります。接触性皮膚炎タイプの場合、アクセサリーなどから発症する金属アレルギーが引き金となってアトピー性皮膚炎が悪化することはよく知られています。

歯の詰め物が原因になりやすい全身型タイプ
金属アレルギー「全身性皮膚炎」は、歯の治療で使われた金属が溶け出し、体内に入ることによって起こります。アレルゲンが血液とともに全身を巡り、口や腸の粘膜から吸収されたものが汗として体外に出ることで意外な場所に症状が出てしまい、それにより原因が分からず、長く悩まされるケースも多くあります。

金属アレルギーを起こす歯科治療金属として知られているのは、アマルガムパラジウムです。金、銀、白金(プラチナ)といった貴金属は、形が変わりにくく溶け出さないため、アレルギーになりにくいと言われていますが、アレルギー体質の人は微量なアレルゲンでもアレルギー反応を起こしてしまうことがあるので、注意が必要です。

大阪・東京2つのクリニックで治療が受けられます。
※予約制になっておりますので、初診の方はお電話にてご予約ください。

大阪医院
東京医院