医療法人福涛会

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

(5)老化と歯ぎしり

歯ぎしりやくいしばりが原因で顎関節形態が変形し、耳の穴を圧迫変形させ、耳が聞こえにくくなります。 そして、歯が摩耗する事で鼻から顎の距離が短くなり、口元にしわがいきます。 耳が聞こえにくく、口元にしわが寄り、歯が喪失していて、えらが張る、顔中がカチカチの表情になる。こういう方たちはどんな人でしょうか?

そう、老人の方々です。 ご自身で老化させないよう、歯ぎしりやくいしばりをコントロールしてください。歯を磨く事をプラークコントロールと呼び、細菌類の減少を目的としています。 それと同様にコントロールしなければならないのが「噛む力」です。上手に噛む力をコントロール出来れば、ご自身の歯を健康的に維持することが出来ます。

「患者様の声」はこちら

大阪・東京2つのクリニックで治療が受けられます。
※予約制になっておりますので、初診の方はお電話にてご予約ください。

大阪医院
東京医院