医療法人福涛会

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

2017年11月29日

女性も男性も、実は多くの方が悩んでいる冷え性

実は多くの方が悩んでいる冷え性女性の7割、男性の3人に1人が冷え性に悩んでいると言われます。冬季だけでなく夏に冷えを感じる人もいらっしゃいます。

冷える理由は、
・筋肉量が少なく体内で熱が作れない場合
・自律神経の乱れなどで血流が滞り作られた熱が全身に届かない場合
・全身の血流が悪く体内の熱が逃げやすい

等という事が考えられます。特に血流が悪い人は体が冷えやすく汗をかきにくいため、体に不要な水分がたまり、冷えやすくなってしまうのです。

冷えから起こる症状は人それぞれです。足先や指先が冷たく感じることから、疲労感、イライラ不眠片頭痛、肩こり、食欲不振、目の下のくま、集中力の欠如など様々な症状となって現れます。

咬み合わせの不具合も冷え性の原因に
咬み合わせも冷え性に関係があります。咬み合わせに不具合が起こることにより、顎の片側だけで咀嚼したり、噛みやすいところを中心にして咀嚼したりするようになります。その結果、顎の筋肉を左右均等に使わず左右の差が生じ、顎の周辺の筋肉の緊張状態が続き、首や肩の周辺の筋肉も緊張することで血行が悪くなり、冷え性の原因となっていくのです。

その冷え性の原因は、金属アレルギーかも!?

最近注目されているのが、冷え性と金属アレルギーの関係です。金属アレルギーの原因の一つ、アマルガムは虫歯治療で詰める金属製の詰め物の材料です。アマルガムはかって保険診療の適用材料として国に認定されており、1970年代の虫歯治療をした人に多く使用されていました。アマルガムは神経毒性が強いため、冷え性をはじめ、アレルギー性皮膚炎不眠頭痛・肩こりなどの症状を起こすと考えられています。

現在、アマルガムは歯科治療に使われることはなくなりましたが、昔に治療を受け、長い間被せ物や詰め物としてお口の中に入っていた人も大勢いらっしゃることでしょう。その為、冷え性の原因が歯科治療の金属によるアレルギーである人もいらっしゃるはずです。そして、薬物療法やサプリメントでは冷え性がなかなか改善されないのは、そもそもの原因であるお口の中の金属が取り除かれていない可能性も高いと考えられるのです。

冷え性で悩む方にお勧めしたい【咬み合わせを重視した金属アレルギー治療】

当院には、長年悩まされてきた冷え性が、お口の中の金属を取り除くのと同時に改善されたという方が多くおられます。当院の金属アレルギー治療では、正しい咬み合わせを重視しながら、お口の中の金属を取り除き、さらに身体の中に蓄積されてきた金属や環境ホルモンをバイオレゾナンスセラピーと漢方薬で解毒(デトックス)します。咬み合わせが改善され、金属アレルギーの原因であったアレルゲンを除去することで、血流が改善されて体が冷えにくくなります。
食生活や生活習慣を変えたり、サプリメントを飲んでも冷え性が治らないという方は、ぜひ一度、当院の金属アレルギー治療を検討ください。

金属アレルギー治療についてはこちら

あなたも慢性的な疲れや倦怠感、原因不明の不調を感じていませんか?

慢性的な疲れや倦怠感現代人の約8割は、何かしら身体の不調や慢性疲労を感じていると言われます。しかし日本では、疲れや倦怠感の症状を和らげたりする対症療法に重きがおかれ、そもそもの疲労感や倦怠感の根本原因にはあまり注意が払われません。一方、欧米ではこれらの根本原因をもとに治療が行われており、さらに予防栄養医学へとつないでいます。

また日本では、公害病の原因として水銀や鉛、カドミウムが大きな社会問題となりましたが、歯科治療に使われる金属に含まれる有害物質についてはあまり注目されてきませんでした。長年、虫歯治療の詰め物や被せ物に使われてきたアマルガムは、水銀、銀、鈴、銅、亜鉛など有害金属を含む合金です。大量に水銀を採ると神経に障害をきたす、水俣病を発症する例が知られているにもかかわらず、歯科治療では長い間、アマルガムが使われてきたのです。

お口の中の金属が疲れの原因かも?

アマルガムは高温多湿のお口の中で劣化し、蒸発、腐食を続けます。水銀の蒸気は自覚のないままに体内に吸収され、内臓に蓄積されていきます。神経毒性が強いため、やがて疲れやイライラ頭痛不眠といった症状を起こすと考えられています。対症療法ではなかなか疲労など全身症状が改善されないのは、そもそもの原因であるお口の中の金属が取り除かれていない可能性も高いと考えられます。

アルミホイルを噛んで刺激を感じる人は要注意!
また金属の被せ物や詰め物をしている人がアルミホイルなどを噛むと、ぴりっとしたり、キーンと刺激を感じることがあります。これは金属同士がぶつかりあったときに発生するガルバニー電流と呼ばれるものです。お口の中で電流が発生すると脳が混乱し、イライラや、めまい・耳鳴りなどの神経症状を起こすと考えられています。

咬み合わせの不具合が、イライラや倦怠感に影響を及ぼす

イライラ咬み合わせの不具合は、疲れやイライラ、あるいは倦怠感といった症状にも関係します。咬み合わせに不具合が起こることで、顎の片側だけで咀嚼したり、噛みやすいところを中心にして咀嚼したりするようになります。その結果、顎の周辺の筋肉の緊張状態が続き、首や肩の周辺の筋肉も緊張するようになるので、血行が悪くなって全身の疲れや、足がつるなどの症状につながります。

さらに咬み合わせの不具合によって首の筋肉が過緊張を続け、血行が悪くなることで脳細胞の働きに必要な酸素などの栄養分が少なくなり、脳の働きが鈍くなってイライラしたり、あるいはぼんやりと無気力な精神状態になったりという症状がみられるようになるのです。

疲労感やイライラに悩む方にお勧めしたい【当院の金属アレルギー治療】

当院には、内科や心療内科に通ったり、様々なサプリメントを服用しても治らなかった疲労感や倦怠感、イライラ感が、お口の中の金属を取り除いた結果、改善されたという声が多く寄せられています。

当院の金属アレルギー治療では、正しい咬み合わせを重視しながら、お口の中の金属を取り除き、さらに身体の中に蓄積されてきた金属や環境ホルモンをバイオレゾナンスセラピーと漢方薬で解毒(デトックス)します。咬み合わせを改善し、金属アレルギーの原因であるアレルゲンを除去することで血行がよくなり、慢性的な疲労や倦怠感の改善が期待できます。疲労感や倦怠感、イライラにお悩みの方は、ぜひ一度、当院の金属アレルギー治療を検討ください。

金属アレルギー治療についてはこちら

眠れない・眠りが浅いなど、睡眠のお悩みのある方へ

睡眠のお悩みのある方へなかなか眠れない、就寝中に何回も目が覚める、眠りが浅い、朝起きてもぼーっとして元気が出ない‥。しっかりした睡眠が取れずに悩まれている方は多いものです。また睡眠時間が長くても質の悪い睡眠は、様々な不調を引き起こします。

ところで、咬み合わせと睡眠の関係が深いことはご存知でしょうか?噛みしめることでアドレナリンの分泌を促す刺激を脳が受け取ると、脳細胞の働きを活性化させる物質が出て、脳は活動的な状態になります。そのため、咬み合わせの悪い人ほど寝ている間にくいしばったり、歯ぎしりをしてしまい、眠りが浅くなっているのです。

不眠や質の悪い眠りと金属アレルギーとの関係

保険診療の歯科治療で使われている金属は、高温多湿の口の中で劣化し、滲出して体内に吸収されていきます。その溶け出した金属イオンが体のタンパク質と結びついてアレルゲンとなってしまいます。このアレルゲンが不眠イライラ頭痛、肩こりめまいなど、様々な症状を引き起こすことがわかっています。

また詰め物や被せ物以外にも、人工歯の土台、ブリッジ、入れ歯など、あらゆるものに金属が使用されています。お口の中の金属は何年も何十年も入りっぱなしになるため、溶け出した金属は体に蓄積され、それが過剰になることでアレルギー反応が起こるのです。

咬み合わせを重視した金属アレルギー治療で不眠を解消

金属アレルギーが不眠や浅い眠りに関わっていることはあまり知られていないため、原因がわからず、苦しんでいる人も少なくありません。当院では金属アレルギー治療により数多くの患者さまのお悩みを改善して参りました。お口の中の金属を取り除いた後、ぐっすり眠れるようになった、寝付きがよくなったという声が多数寄せられています。

また当院では、咬み合わせの問題や電磁波過敏症、生活環境による影響なども踏まえ、多角的な治療を行い、歯ぎしりなどの解決にも努めています。「うまく寝付けない」「すぐに目が覚めてしまう」「睡眠薬を飲まないと眠れない」「眠りが浅いと感じる」「朝起きると首が張っているような不快感がある」という方は、当院の金属アレルギー治療をご検討されることをお勧めします。

金属アレルギー治療についてはこちら

アレルギー性鼻炎・花粉症の原因とは

アレルギー性鼻炎・花粉症の原因とはハウスダストや花粉など、アレルギー反応を起こす原因物質「アレルゲン」が体内の免疫システムを刺激して様々な症状を引き起こすのがアレルギー性鼻炎です。アレルギー性鼻炎の3大症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりで、季節に関係のない鼻炎は「通年性」、一般的に花粉症と呼ばれる鼻炎は「季節性」に分類されます。

知っておきたいアレルギー性鼻炎のメカニズム
アレルギーは、異物に対する防御システムが働いて起こるものです。アレルギー性鼻炎は、ハウスダスト、花粉類、カビ類、動物の毛・ふけなど、体にとって異物となるこれらのアレルゲンに対して過敏症状を起こしてしまうのです。

アレルゲンが体内に入ると、まず異物を何でも食べる細胞「マクロファージ」が食べ、その情報を「リンパ球」に伝えます。リンパ球は異物と認識して、次に入ってきたらすぐに攻撃できるよう、目印となる抗体を作ります。抗体は血液や粘膜内にある肥満細胞にくっつきます。

再びアレルゲンが体内に入ると、抗体のくっついた肥満細胞の表面で、アレルゲンと抗体は鍵と鍵穴のように結合します(抗原抗体反応)。これが引き金となって、炎症を引き起こす化学伝達物質(ヒスタミン、ロイコトリエンなど)が肥満細胞から放出されます。ヒスタミンは知覚神経を刺激してくしゃみや鼻水を、ロイコトリエンは鼻粘膜の血管を刺激して鼻づまりを起こします。

金属アレルギーとアレルギー性鼻炎の因果関係について

アレルギー性鼻炎アレルギー性鼻炎の原因となる様々なアレルゲンがありますが、意外と知られていないのが歯の詰め物の金属が原因となってアレルギーを発症している場合があることです。例えばアマルガムという歯科用金属は水銀や銀、スズなどの重金属を含んでおり、強いアレルギー反応を引き起こすことがあります。

歯科治療で使われた金属は、お口の中にアレルゲンを常に保持し、その成分が滲出して体内に取り込まれていることになります。金属アレルギーがアレルギー性鼻炎にも関わっていることを確信する歯科医師も多いのです。

お口の中の金属の除去が大切
どんなに花粉やハウスダストを防いでも、歯科金属がアレルゲンであるならばアレルギー性鼻炎は治ることはありません。アレルギーの原因となるものを特定し、体から追放することが最も効果的な治療方法なのです。

当院の金属アレルギー治療でアレルギー性鼻炎・花粉症の改善に

当院で金属アレルギー治療を行った患者様から、「花粉症の症状が軽くなった」「アレルギー性鼻炎が治った」というお声が寄せられています。当院の金属アレルギー治療では、お口の中の金属を取り除くだけでなく、身体の中に蓄積されてきた金属や環境ホルモンをバイオレゾナンスセラピーと漢方薬で解毒(デトックス)します。します。金属アレルギーの原因であったアレルゲンを除去することで、アレルギー性鼻炎や花粉症の改善が期待できるのです。
花粉症やアレルギー性鼻炎がなかなか治らないとお悩みの方は、ぜひ当院の金属アレルギー治療をご検討ください。

金属アレルギー治療についてはこちら

めまいや耳鳴りにお悩みの方へ

めまいや耳鳴りにお悩みの方へめまいや耳鳴りには、耳に問題ある場合や脳や神経に問題がある場合、血圧や内分泌系の病気が関係して起こる場合、心身のストレスが関係して起こる場合等、いろいろな原因が考えられます。

中でもストレスによる自律神経失調症やうつ病、血流の悪さ、頭蓋骨のゆがみや顎関節症など、実は耳の問題ではなく、意外な原因であることも多いのです。

咬み合わせの不具合がめまいや耳鳴りに影響も

耳鳴り咬み合わせの悪い方の多くは顎が後方にずれているため、耳管が下顎頭と呼ばれる下顎の一部分によって圧迫され、それによって耳鳴りが発生することがあると言われています。また顎関節は側頭骨と下顎骨で関節を作っており、食事などで物を噛むと大きな力がかかります。そのため、咬み合わせの不具合により歪んだ関節で物を噛んでいると、側頭骨にも歪みが伝達されてしまい、めまいや耳鳴りが起こる場合もあると考えられているのです。

また、顎関節の周囲の筋肉や靭帯が縮むことにより、その力が内耳まで影響してしまい、めまいや耳鳴り、難聴になる場合もあると言われています。咬み合わせに根本的な原因があるのに、その部分を治療せずに骨盤のズレや背骨の歪みを調整しても、症状が完全によくなることはありません。耳鼻咽喉科や内科、脳神経外科を受診しても、めまいや耳鳴りが治らない場合は咬み合わせ治療を重視している歯科を受診してください。

その症状、原因は金属アレルギーかも知れません

歯の詰め物の金属が原因となる金属アレルギーに悩まされている方が多くいらっしゃいます。特に保険診療の治療で使われていたアマルガムという歯科用金属は、水銀を約50%も含む金属で、高温多湿のお口の中で劣化し、蒸発、腐食を続け、自覚のないままに体内に吸・蓄積されていきます。強い神経毒性もあり、めまい・耳鳴りをはじめ、頭痛や肩こり皮膚炎などのアレルギー症状不眠イライラなど、様々な症状を引き起こします。

また保険診療に使われる金銀パラジウム合金という金属は、携帯電話やパソコンが発する電磁波のアンテナとなって、電磁波を体内に集めてしまう可能性があります。電磁波の影響でめまいや耳鳴りの他、動悸、疲れやすい、集中できないなどの症状が出ることもあります。

金属によるガルバニー電流もめまいの原因に
金属の被せ物や詰め物をした歯でアルミホイルなどを噛むと、ぴりっとしたり、キーンとしたりする刺激を感じることがあります。これは、金属同士がぶつかりあったときに発生する微弱電流(ガルバニー電流)です。お口の中の唾液により電気を通しやすく、電流が発生すると脳が混乱し、めまいや耳鳴りなどの神経症状を起こすと考えられています。

当院の咬み合わせを重視した金属アレルギー治療でめまい・耳鳴りを改善

これまで耳鼻咽喉科や内科に通院しても治らなかっためまいや耳鳴りが、当院で歯科金属を取り除いた結果、改善されたという声が多く寄せられています。首の張りや目のかすみもなくなったという声もあります。

当院の金属アレルギー治療では、お口の中の金属を取り除き、ノンメタル素材を使って正しい咬み合わせを作ります。さらに身体の中に蓄積されてきた金属や環境ホルモンをバイオレゾナンスセラピーと漢方薬で解毒(デトックス)します。咬み合わせが改善されるだけでなく、金属アレルギーの原因であったアレルゲンを除去することで、長年苦しんできたお悩みを改善に結びつけます。めまいや耳鳴りにお悩みの方は、ぜひ一度、当院の金属アレルギー治療を検討していただければ幸いです。

金属アレルギー治療についてはこちら

慢性的な頭痛・肩こりでお悩みの方へ

慢性的な頭痛・肩こりでお悩みの方へ頭痛には痛みの起こり方によって、日常的に起こる頭痛(風邪や二日酔いなどが原因)、原因となる病気がなく繰り返し起こる慢性頭痛、脳の病気に伴う危険な頭痛(クモ膜下出血、脳出血など)があります。

慢性頭痛は頭痛全体の約80%を占めており、主な内訳として脳の血管が広がって痛む片頭痛、頭の周りの筋肉が緊張して痛みや肩こりなどを伴う筋緊張性頭痛、強い痛みが突然起こる群発性頭痛に分けられます。

咬み合わせが悪いと起こりやすい頭痛と肩こり

咬み合わせが悪いと起こりやすい頭痛と肩こり歯科と関わりの深い頭痛は、筋緊張性頭痛です。咬み合わせに不具合が起こることで片側だけで咀嚼したり、噛みやすいところを中心にして咀嚼するようになります。それにより顎の筋肉を左右均等に使わないことで左右のバランスが崩れたり、不自然な咬み合わせなどによって顎周辺の筋肉の緊張状態が続いたりします。

顎の周辺の筋肉とは主に咀嚼に関わる二つの筋肉で、特にその一つである側頭筋(顎から頭の側面に広がる筋肉)に緊張状態が続くことで周辺の血行が悪くなり、筋緊張性頭痛を引き起こします。さらに首や肩の周辺の筋肉までが緊張して血行が悪くなると、首の痛みや肩こりを引き起こします。

成人の頭の重さはおよそ8kg~10kgもあり、それを頚椎と歯を噛み合わせる筋肉などによって支えています。咬み合わせが悪いと重い頭を支える筋肉のバランスも悪くなり、血行も悪くなって筋緊張性頭痛や肩こりが起きることもあります。

肩こりが頭痛に影響することもあります
普段から肩こりでお悩みの方は、強い疲労感や倦怠感・微熱を生じやすいようです。肩の筋肉は頸部や頭部にも広がり、胸部や背部にも連なっているため、痛みやこりは肩だけでなく首や頭部にかけて強くなり、頭痛、頭重感、目頭の重さ、目の奥の痛みなど全身的な症状を生じてくるのです。

咬み合わせを重視した当院の金属アレルギー治療

最近、歯の詰め物の金属や、歯の治療に使われる歯科材料が原因となる金属アレルギーが注目されています。特に保険診療の治療で使われるアマルガムという歯科用金属は水銀や銀、スズなどの重金属を含んでおり、神経毒性が強く、頭痛や肩こりをはじめ、アトピー不眠イライラめまいなど、様々な症状を引き起こすことがわかっています。

当院の金属アレルギー治療を受けられて、お口の中の金属を除去すると頭痛や肩こりが軽くなったという方が多くおられます。歯の金属を外す治療を進めていく中で、頭重感が消えて開放感を感じるようになったという声も寄せられています。

頭痛外来や整形外科でも治らないという方へ
当院の金属アレルギー治療では、正しい咬み合わせを重視しながら、お口の中の金属を取り除き、さらに身体の中に蓄積されてきた金属や環境ホルモンをバイオレゾナンスセラピーと漢方薬で解毒(デトックス)します。咬み合わせが改善され、金属アレルギーの原因であったアレルゲンを除去することで、頭痛や肩こりの改善にも結びついているのです。

頭痛や肩こりがひどいとお悩みの方、頭痛外来や整形外科でも治らないという方には、ぜひ一度、当院の金属アレルギー治療を検討していただければ幸いです。

金属アレルギー治療についてはこちら

アトピー性皮膚炎の原因とは

アトピー性皮膚炎の原因とは現在、アトピー性皮膚炎は多くの人が悩んでいる、とてもやっかいな病気です。主な症状は湿疹やかゆみ、乾燥、黒ずみで、症状が重くなる"増悪"と一時的に症状が軽くなる"寛解"を繰り返すことが特徴です。

アトピー性皮膚炎の原因として考えられる要因として、皮膚バリア機能の低下があります。皮膚バリア機能とは肌の水分を保持したり、外部の異物から体を守ったりする仕組みのことです。アトピー性皮膚炎が起きやすい人は、このバリア機能が低下しやすく、アレルゲン(アレルギー源)の刺激を受けて炎症が起きやすくなってしまっているのです。

その為、アトピー皮膚炎の治療では炎症を抑えるだけでなく、アレルゲンを取り除き、皮膚バリア機能を回復させて保持することが重要となります。

金属アレルギーがアトピー性皮膚炎を引き起こす?

アトピー性皮膚炎を引き起こす様々なアレルゲンがありますが、意外と知られていないのが、歯の詰め物に使われる金属が原因となって、アトピーを発症している場合があることです。特に保険診療の治療で使われるアマルガムという歯科用金属は、水銀や銀、スズなどの重金属を含んでおり、神経毒性が強く、アレルギーをはじめ、不眠イライラめまい頭痛、肩こりなど、様々な症状を引き起こすことがわかっています。

「歯に詰め物をしたらアトピー性皮膚炎が悪化した」という事例や、反対に「銀歯をセラミックに変えたら悩んでいたアトピーが治った」といった話も聞かれます。原因のわからないアトピー性皮膚炎に悩まれる方は、金属アレルギーの検査を受けられることをお勧めします。

金属アレルギーには2つのタイプがあります

金属アレルギーは食物アレルギーや花粉症などと異なり、金属そのものがアレルゲンではなく、金属から溶け出した金属イオンが人の汗や唾液と結合し、タンパク質に変化することでアレルギーの原因となります。

金属アレルギーには金属に直接触れた箇所が赤くなり、かぶれたり痒みを感じたりする「接触皮膚炎」と、手や足などの思いがけない箇所に症状が出る「全身性皮膚炎」があります。接触性皮膚炎タイプの場合、アクセサリーなどから発症する金属アレルギーが引き金となってアトピー性皮膚炎が悪化することはよく知られています。

歯の詰め物が原因になりやすい全身型タイプ
金属アレルギー「全身性皮膚炎」は、歯の治療で使われた金属が溶け出し、体内に入ることによって起こります。アレルゲンが血液とともに全身を巡り、口や腸の粘膜から吸収されたものが汗として体外に出ることで意外な場所に症状が出てしまい、それにより原因が分からず、長く悩まされるケースも多くあります。

金属アレルギーを起こす歯科治療金属として知られているのは、アマルガムパラジウムです。金、銀、白金(プラチナ)といった貴金属は、形が変わりにくく溶け出さないため、アレルギーになりにくいと言われていますが、アレルギー体質の人は微量なアレルゲンでもアレルギー反応を起こしてしまうことがあるので、注意が必要です。

アトピー性皮膚炎の方にお勧めしたい【金属アレルギー治療】

アトピーの治療を行っても改善が診られない場合は、歯科金属による金属アレルギーの可能性があります。アレルギーの治療で重要なのは、原因を見つけ出して除去することです。金属アレルギー検査を受け、アレルゲンが特定されたらお口の中から金属を取り除く治療(ノンメタル治療)を受けることが必要です。

また、いったん金属アレルギーを発症してしまうと、元の体質に戻るのは難しいと言われています。アトピー性皮膚炎の方は、歯科金属を使う治療を避けることが大切です。家族にアトピー素因をもつ人がいる場合や、皮膚が弱い方の場合も、できるだけ金属イオンを体内に取り込まないようにすることをお勧めします。

<心当たりはありませんか?金属アレルギーで悪化しやすい皮膚の症状>
●口内炎・舌炎
口内炎が頻繁にできたり、舌に炎症を起きやすい
●口唇炎・口角炎
唇のまわりが赤くただれたり、口の両端が赤く炎症を起こして切れたりする
●掌蹠膿疱症
手のひら、足の裏に多数の膿疱ができる。

2017年11月 1日

初めて訪れて下さったあなたへ

出会いに感謝このたびは、数あるサイトの中から福涛会のホームページにお立ち寄りいただき、お読み頂き、誠にありがとうございます。
今、この文章をお読みくださっているあなた様は、きっとこのサイトにたどり着くまでに、たくさんの医院を訪れたり、たくさんのサイトをご覧になられたことと存じます。

そして、そんなあなた様に、今、こうして出会えたことに心から感謝いたします。
私は、あなたのその身体の症状が解消され、あなたがその苦しみから解放されること、そしてあなたの健康が回復されることを心から祈念致します。

以下長文になりますが、是非お読みください。
このサイトを見つけてくださり、本当にありがとうございます。
出会いに感謝。あなた様の平癒を心から祈念致しております。

大阪・東京2つのクリニックで治療が受けられます。
※予約制になっておりますので、初診の方はお電話にてご予約ください。

大阪医院
東京医院
06-6688-2973に電話する Call:06-6688-2973