医療法人福涛会

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

2017年10月31日

準備中


ただいま準備中です。

2017年10月25日

ご相談・お問い合わせ画面(東京医院)

ご相談・ご予約はお電話または下記フォームにて承ります。
ご入力いただいた電話番号、メールアドレスへご連絡をさせていただきます。

医療法人福涛会
銀座バイオレゾナンスデンタルクリニック(東京医院)
電話番号

*は入力必須項目です。
※ご連絡は診療時間内のご対応をさせていただきますので、ご了承ください。
※携帯メールでお申し込みをする場合は、PCメールからの受信拒否を解除してください。
※万一、5日以上経ってもご連絡が無い場合には 大変お手数をおかけして申し訳ありませんが、
 医院まで、一度ご連絡くださいますようお願いいたします。
※送信して頂いた個人情報につきましては厳重に保管いたします。

お名前 *必須例)山田 太郎(全角)
フリガナ *必須例)ヤマダ タロウ(全角)
メールアドレス *必須例)aaa@bbb.jp
メールアドレス(再入力) *必須※確認のため、コピーをせずにもう1度入力してください。
年齢 歳 例)50(半角英数字)
性別 男  女 
電話番号 *必須例)0312341234(半角英数字)
ご住所  
※市区町村、丁目、番地、号(ビル・マンション・アパート名、部屋番号)をご記入下さい
ご相談内容・その他 ●あなたのお悩みは何ですか?(1000文字以内でお答え下さい)
●どのような治療結果を手に入れたいですか?(1000文字以内でお答え下さい)
●興味のある治療項目にチェックを入れてください。(複数回答可) 金属を使わないノンメタル治療 
歯周病治療 
歯の痛み、虫歯治療 
義歯、入れ歯 
歯ぎしり 
噛みあわせ 
肩こり、頭痛などの不定愁訴の解決 
アトピー、皮膚炎、アレルギー症状などの改善 
バイオレゾナンス(ドイツ振動医学) 

ご希望される診療日時(当院よりお電話を差し上げ、日時を調整させていただきます)※12時台と13時台は診療時間外です

第1希望 年 月 日 時 分 
第2希望 年 月 日 時 分 

ご相談・お問い合わせ画面(大阪医院)

ご相談・ご予約はお電話または下記フォームにて承ります。
ご入力いただいた電話番号、メールアドレスへご連絡をさせていただきます。

医療法人福涛会
平澤歯科医院(大阪医院)
電話番号

*は入力必須項目です。
※ご連絡は診療時間内のご対応をさせていただきますので、ご了承ください。
※携帯メールでお申し込みをする場合は、PCメールからの受信拒否を解除してください。
※万一、5日以上経ってもご連絡が無い場合には 大変お手数をおかけして申し訳ありませんが、
 医院まで、一度ご連絡くださいますようお願いいたします。
※送信して頂いた個人情報につきましては厳重に保管いたします。

お名前 *必須例)山田 太郎(全角)
フリガナ *必須例)ヤマダ タロウ(全角)
メールアドレス *必須例)aaa@bbb.jp
メールアドレス(再入力) *必須※確認のため、コピーをせずにもう1度入力してください。
年齢 歳 例)50(半角英数字)
性別 男  女 
電話番号 *必須例)0312341234(半角英数字)
ご住所  
※市区町村、丁目、番地、号(ビル・マンション・アパート名、部屋番号)をご記入下さい
ご相談内容・その他 ●あなたのお悩みは何ですか?(1000文字以内でお答え下さい)
●どのような治療結果を手に入れたいですか?(1000文字以内でお答え下さい)
●興味のある治療項目にチェックを入れてください。(複数回答可) 金属を使わないノンメタル治療 
歯周病治療 
歯の痛み、虫歯治療 
義歯、入れ歯 
歯ぎしり 
噛みあわせ 
肩こり、頭痛などの不定愁訴の解決 
アトピー、皮膚炎、アレルギー症状などの改善 
バイオレゾナンス(ドイツ振動医学) 

ご希望される診療日時(当院よりお電話を差し上げ、日時を調整させていただきます)※14時台は診療時間外です

第1希望 年 月 日 時 分 
第2希望 年 月 日 時 分 

2017年10月20日

ラジオ FM出演

ラジオ FM出演2017.10.8
レインボーFM「梅ちゃん先生のオールナイスニッポン」に出演をいたしました。

TV出演

テレビアイコン2017.2.14
TBSテレビ「この差って何ですか?」に出演をいたしました。

2017年10月19日

Q&A

Q: 歯を接着するセメントにも、こだわられているのはなぜですか?
アレルギーをお持ちの方で、接着力の強いセメントに反応される方が中にはいらっしゃいます。
そういった患者様のために、体に優しいセメントをご用意しております。
但し身体に優しいセメントは、優しい分、詰め物や被せ物が外れやすいという欠点もあります。その点を患者様にも十分にご理解いただいて、使用しています。
患者様によって症状は様々ですので、その患者様の状態に合わせて、適切なセメントをお勧め致します。

メタルフリー治療 Q&A

Q: 歯の金属を外すと、体の調子が良くなるのは本当ですか?

殆どの方が金属を外すと、患者様からは「疲れにくくなった」「肩こりや頭痛が軽くなった」「緊張がとれた」というお声が多く聞かれます。 個人差がありますので、必ずしもお約束できるものではありませんが、当院のレゾナンスドセラミックノンメタル治療を行った事により、ご自身が本来持っている自然治癒力が高まり、体調が元に戻りやすくなります。患者様の歯から始まる健康に貢献させて頂けることが、歯科医師としての喜びです。

Q: 一般的なセラミックの詰め物と、レゾナンスドセラミックは何が違うのですか?

当院のセラミックは、試行錯誤の結果、身体に非常に良い材質のものを開発して使用しています。「レゾナンスドセラミック」と呼んでいます。 また、セラミックを入れる歯の土台となるコアもノンメタルですので、患者様には安心して治療を受けていただくことが出来ます。 現在、特に症状のない方はもちろん、アンチエイジングを目指されている方、内科・皮膚科で治らない症状(頭痛めまい不眠金属アレルギーアトピーなど)がある方にも推奨できる素材です。

Q: 表面的にはセラミックの歯に見えても、金属が入っていることがあるのですか?

「メタルボンド」と言われる被せ物で、金属のフレームの上にセラミックを被せたものです。利点は、耐久性があるということですが、セラミックだけの被せ物に比べると、金属を使用しているため金属アレルギーの方には不向きです。

Q: 歯の金属にはガルバニック電流が流れていると聞きましたが、セラミックの歯には電流は流れないのでしょうか?
セラミックの素材は陶器ですので、電流は流れません。当院のレゾナンスドセラミックも、もちろん電気は流れません。銀の包み紙やアルミホイル、金属製のスプーンを噛んでピリッとしたり、キーンと感じた経験はありませんか?これがガルバニック電流です。
ガルバニック電流は、通常は異なる種類の金属が触れ合うことで発生しますが、お口の中は唾液で電気の伝導性が高まっているため、一種類の歯の金属が存在するだけでもガルバニック電流を発生させてしまうのです。

Q: 金属の詰め物を外すと、アレルギー症状がすぐに改善するのでしょうか?
ノンメタル治療を行っても、個人差があるため、すぐには改善するとは断言できませんが、少なくとも金属を外すことによって、金属が身体の中に溶け出すことは防ぐことが出来ます。
更に、金属を外すと免疫力が上がり、一時的に好転反応で症状が悪化したように感じられる期間もありますが、腸や脂肪に蓄積された金属が解毒されることで徐々に改善傾向にむかわれるケースも少なくありません。

歯周病治療 Q&A

Q: 治療が終わった後も、定期的に通院しなければならないのでしょうか?

虫歯の治療や被せ物をしたら、もう通院しなくて良いのかと言いますと、決してそうではありません。むしろ、定期的な検診によって歯と歯肉の健康を守る事の方が重要です。特に、成人の85%が歯周病と言われています。歯周病の原因となる歯垢・歯石は、ご自身の歯磨きだけでは取り切れません。歯周病が進行する前にケアを行えば、良好な口腔環境を維持できます。また、被せ物(補綴物)を長く良好な状態に保つためにも、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。患者様お一人おひとりの歯は、一生に一度のもので、かけがえのないものです。是非、定期的なメンテナンスで一本でも多くご自身の歯を健康に保ちましょう。

Q: なぜ金属を外した後も、歯周病治療を徹底されているのですか?
土台をしっかり保つ(=歯周病を防ぐ)ことが、歯を守るためには必要です。歯周病は、歯茎や歯の根を支える骨(歯槽骨)を弱らせます。つまり、歯周病を予防することは、歯の土台を安定させ、長く歯を守るためには不可欠なのです。歯周病の治療や予防の開始は、早ければ早いほど効果的です。歯周病の原因となる歯垢・歯石は、ご自身の歯磨きだけでは取り切れません。被せ物(補綴物)を長く良好な状態に保つためには、歯周病治療予防が必要不可欠なのです。

くいしばり Q&A

Q: くいしばりをしているか自分では分からないのですが、分かる方法はありますか?
くいしばりに併せて、寝ている間に歯ぎしりをしている場合は、歯の噛みあわせ部分が擦り減ってきますので、ご自身でもわかる場合もありますが、多くの方はレントゲンで顎の関節を確かめるなど、歯科医院に受診しなければ気付かないケースが殆どです。

くいしばりや歯ぎしりによるかみ合わせの悪さが以下のような症状を引き起こします。
1.肩こり・頭痛
2.顎関節症
3.くいしばりによる歯への影響
以上を予防・改善するため、お早めに歯科医院を受診する事をお勧めします。

Q: 保険の金属の詰め物は入れていただけないのでしょうか?
保険治療で金属の詰め物も取り扱っておりますが、基本的には患者様の口腔から始まる全身の健康の事を考えますと、福涛会ではレゾナンスドセラミックによるノンメタル治療をお勧めしております。

頼れる歯医者さん2012

メディア掲載頼れる歯医者さん2012に掲載されました。

ホワイトニングで素敵な笑顔に

ホワイトニング新しい服を着る、髪型を変える、女性の方ならお化粧をする。
そうすることで、心が前向きに、明るくなったという経験は、皆様にもあるのではないでしょうか?

歯の治療が終わり、お口の中が整えば、『ホワイトニング』をお薦めいたします。

白く美しい歯は、お顔の表情や笑顔を一層輝かせてくれます。
そのことは、人とのコミュニケーションの際に自信を与えてくれると同時に、相手の方へ『素敵な笑顔のプレゼント』を贈ることができるのではないでしょうか。

当クリニックでは『オフィスホワイトニング』と『ホームホワイトニング』の両方を取扱っています。
また、その手法や薬剤は厳選し、出来る限り、歯や身体に負担の少ない物を使用しています。

金属アレルギー治療

金属アレルギー治療近年、金属アレルギーアトピー(アレルギー性皮膚炎)の患者さんは、年々増加傾向にあります。
意外と知られていませんが、歯の詰め物の金属や歯の治療に使われる歯科材料が原因となってアレルギーを発症している場合があります。

ただし、単に金属を外せば問題が解決されるかというと、そうではありません。長年詰めていた歯の金属が口の中で溶けだして粘膜から吸収され、皮膚や内臓に蓄積して健康に多大な影響を与えます。それらの毒素を身体から排出しなければなりません。

当院の金属アレルギー治療によって、今まで色々な治療を試しても治らなかったアレルギーの患者さんが、歯の金属を除去し、バイオレゾナンスセラピーや漢方などの適切な処置によって、身体の免疫力が上がり、劇的に改善された方が実際に多くいらっしゃいます。(詳しくは「患者様の声」をご参照ください。)

金属アレルギー治療の流れ

1.診断と測定金属アレルギー治療の流れ
一般的な歯科検査の他に、バイオレゾナンスを用い、歯の金属や歯科材料が全身に及ぼしている影響(滞り)を丁寧に測定して診断します。
患者様には、ソファーに座っていただくだけで測定できます。
(詳しくは「バイオレゾナンスセラピー」をご参照ください。)
金属の歯に溜まっている電気の量(帯電量)をゼロテクターで測定します。
(詳しくは「歯科金属のガルバニー電流の測定」をご参照ください。)

2.金属除去 金属アレルギー治療の流れ
少しでも早く患者様の健康を回復させる為に、帯電量の多い歯の金属から優先的に取り除きます。噛み合わせにも考慮しながら、一日でも早く患者様の身体から金属を除去する様に配慮します。

3.身体に優しい歯の詰め物やクラウン・インプラント・歯科材料を使用金属アレルギー治療の流れ
当院では、普通のセラミックでは含まれている微細な金属や化学物質まで丁寧に取り除いた最高品質のセラミック(レゾナンスドセラミック)を独自で開発して使用しています。
(詳しくは「からだに優しいセラミック」「ノンメタル治療」をご参照ください。)
レゾナンスドセラミックは最も天然歯に近く、化学物質の周波数も除去していますので、自己免疫力も回復してきます。インプラントはスイス製のジルコニアインプラントで、当然金属は使いません。(詳しくは「ジルコニアインプラント」をご参照ください。)歯科材料は、バイオレゾナンスを用い、患者様に最も適切な歯科材料を見極め、使用します。

4.バイオレゾナンスセラピーと漢方薬でお口と身体を治療します金属アレルギー治療の流れ
今までダメージを受けていたお口の中の粘膜や皮膚、細胞の修復を行います。長年にわたって身体に蓄積された金属や環境ホルモンをバイオレゾナンスセラピーと漢方薬で解毒(デトックス)します。
(詳しくは「バイオレゾナンスセラピー」をご参照ください。)

お口の中の金属について

お口の中の金属についてお口の中の金属は老化に深くかかわっています。特にアマルガムという歯科用金属は水銀や銀、スズを含んでいます。水銀やスズは重金属と呼ばれ、神経毒性が強く、不眠イライラ頭痛、肩こりめまい金属アレルギーなど、さまざまな原因不明の不調を引き起こします。

重金属が、内臓への蓄積やホルモンバランスの乱れを起こすことによって、免疫力の低下が起こります。歯の金属を外したことにより、免疫が正常に働きだして、リウマチなどの膠原病(自分の体を免疫細胞が攻撃する自己免疫疾患)が治った方もたくさんおられます。

また、溶け出した重金属は皮膚の真皮層に蓄積し、肌の老化を進めてしまいます。さらに、体に蓄積された重金属は活性酸素をどんどんと発生させ、確実に細胞にダメージを与え、細胞の老化を早めます。また活性酸素によりDNAが傷つけられると、それががんの原因にもなります。

歯科材料の化学物質について

「ノンメタル」と称して金属を外す治療をしている歯科医院は、インターネットで検索してもいくつか見受けられますが、金属を外せばそれで健康が手に入るかというと、そういうわけではありません。化学物質の問題があるのです。

保険適用材料には、ほぼ高い確率で問題となる化学物質が入っています。
例えば、環境ホルモン物質(内分泌撹乱物質)として、ビスフェノールAとノニルフェノールがあります。一般的な「ノンメタル治療」においても歯科金属を外した後に装着されるセラミックやレジン(プラスチック)の中にもその危険性が潜んでいます。

当院のセラミックは、歯科技工士とバイオレゾナンス医学会との試行錯誤を繰り返すことによって、これら(内分泌撹乱物質)の周波数の共鳴さえも認められないレベルのセラミック(レゾナンスドセラミック)を作り上げることができました。
これはおそらく世界的に見ても現段階での最高に安全性の高いセラミックといえます。

バイオレゾナンスの観点から見た歯科金属

バイオレゾナンスの観点から見た歯科金属バイオレゾナンス的データから診ますと、保険の金属であるパラジウムは「44.00」という周波数、アマルガムは「44.23」の周波数を持っています。この「44.00」という周波数はどういうことかというと、心臓の冠状血管の病気の周波数「44.00」と一致しています。

つまり、「44.00」の周波数をもつパラジウムが口の中にあるということは、心臓の冠状血管の病気が共鳴して顕れてくる可能性があるということです。さらに周波数の波形のピークが「44.00」ということから考えれば、プラスマイナス1前後も影響を及ぼす可能性があります。

ちなみに、‐1の「43.00」の周波数は、狭心症・心筋梗塞・右心室のコントロール・心不全・腎臓結石・落ち着きのなさ・ストレスが顕れる可能性があります。また、+1の「45.00」の周波数は、血液の希薄化・血栓症・脚の水腫・歩行障害・慢性の脱毛症・毛根へのダメージ・筋萎縮・筋肉組織への負担・根チャクラ(エネルギーを体内に取り入れる基本的な場所)のダメージ・運動中枢への障害などに何らかの影響が考えられます。

さらにアマルガムに含まれる水銀は「94.25」の周波数を持っています。この「94.25」の-1の「93」の周波数には、自律神経失調症・骨髄機能不全・精神分裂・切歯炎・毛髪の色喪失・顎の炎症・傷の治りの悪さが顕れる可能性があります。

一方の+1の「94」の周波数には、腰部リュウマチ・静脈・動脈・膀胱の腫瘍・赤血球過少・視神経の刺激性炎症が顕れる可能性があります。このうち特に、「94.00」の静脈と「94.50」の動脈のちょうど中間が「94.25」の水銀の周波数に当たることから、水銀が血管系にいかに悪影響を与えやすいかがお分かりになるでしょう。

爽やかで、明るく楽しい健康生活のために

明るく楽しい健康生活のためにお口の中の金属を除去することは、審美的に良い状態になるだけではなく、身体への潜在的・顕在的なマイナスの影響を取り除くことにつながるのです。

患者様の声のページを見ていただければ分かるとおり、ノンメタル治療によって、金属アレルギー花粉症などのアレルギーの改善、肩こりや不整脈、耳鳴りの解消・基礎体温の向上・白板症の解消など、驚くような成果を報告いただいていますが、振動医学的観点からすれば、十分に考えられる成果です。

人は誰でも自然治癒力を持っています。それは、大自然が調和するのと 同じくらい自然の摂理です。患者様が本来の自然治癒力を取り戻し、回復される方向へと全力でサポートいたします。

セラミックについて

セラミックセラミックは、歯のクラウン(被せ物、差し歯)やブリッジ治療における金属を使用しない治療法として使われる素材です。
近年、歯科金属による健康への影響が問題視されるようになってきました。 それにつれて、セラミックを選ばれる患者様が増えてきています。

しかし、一口に「セラミック」といっても実に多くの種類があります。

多くの患者様にとっては、やはり見た目としての白さが一番の選ぶ基準になるかと思いますが、平澤歯科医院のセラミックは、試行錯誤の結果、身体に非常に良い材質のものを内科や泌尿器科の先生方およびバイオレゾナンス勉強会のメンバー、歯科技工所の協力を得ながら独自で開発して使用しています(レゾナンスドセラミック)

また、セラミックを入れる歯の土台となるコアもノンメタルですので、患者様には安心して治療を受けていただくことが出来ます。 現在、特に症状のない方はもちろん、アンチエイジングを目指されている方、内科・皮膚科で治らない症状(頭痛めまい不眠金属アレルギーアトピーなど)がある方にも推奨できる素材です。

平澤歯科医院のセラミック(レゾナンスドセラミック)の特徴

1.最高品質のセラミックセラミックの特徴
独自に開発した当院のセラミックは、普通のセラミックでは含まれている微細な金属や化学物質まで丁寧に取り除いた最高品質のセラミックです。ですから、このセラミックがお口の中に入っているだけで自然と身体が解毒され、自己免疫力が高まってくるのです。

2.セラミックでアンチエイジングセラミックの特徴
金属を使用しないことによって、歯肉がピンク色に戻り、お肌の色も本来の透明感が戻ってきます。当院のオリジナルセラミックは純度が高いので、審美的にとても優れています。

3.金属アレルギー予防セラミックの特徴
お口の中をセラミックにする事で金属アレルギーの予防にもなります。
すでに金属アレルギーでお悩みの方にもお勧めします。

4.身体に負担をかけない軽さセラミックの特徴
金属に比べ、4分の1以下の軽さです。今まで肩こりで悩んでいた方もセラミックに変えることでアゴや肩への負担が軽減し、肩こりや腰痛が改善したという患者様も多くいらっしゃいます。

5.変色しにくく、歯垢がつきにくいセラミックの特徴
レゾナンスドセラミックは、殆ど変色がなく、たばこやコーヒーなどの着色がしにくい素材です。
また、歯垢もつきにくい性質があります。

レゾナンスドセラミックの製造工程について

レゾナンスドセラミックが完成されるまでには、3回の焼却(焼却時間や温度は試行錯誤の末に導き出した数値です)など、従来の被せ物よりも手間暇をかけて製作しております。

共同で製作している歯科技工所の方の言葉をお借りして、皆様に一つお伝えできるならば、「手間だと思う工程も含めて、その製作工程には意味があり、すべては、患者様にとってより安全で高品質な被せ物を提供するため」です。

レゾナンスドセラミックの製造工程レゾナンスドセラミックの製造工程レゾナンスドセラミックの製造工程レゾナンスドセラミックの製造工程
レゾナンスドセラミックの製造工程レゾナンスドセラミックの製造工程レゾナンスドセラミックの製造工程レゾナンスドセラミックの製造工程

※保険適用された小臼歯のCAD/CAMセラミックについて

2014年の保険改正において、小臼歯の部分にのみ、CAD/CAMで作られたセラミックが保険適用されるようになりました。 これは、諸々の事情があるにせよ、国がノンメタルの方向に動き出したことで、基本的に歓迎しています。

ただし、この欠点としては、保険適用される材質に環境ホルモン物質(ビスフェノールA)の周波数が認められるという問題点があります。(バイオレゾナンスによる極性の診断をすると、極性21.5がマイナスに振れ、これはエネルギー的には体はあまり欲しくない素材だといえます)

また、CAD/CAMで作ることによる精密度合もまだまだ人の手で作るよりも劣っているという指摘が多くなされています。

結論的には、
「今後ノンメタルの方向に世の中が向かうことについては歓迎だが、そこで認められる素材や精度についてはまだまだ欠点がある」
ということです。

あまり他を落とすような表現をこういった場で書くのも憚れますが、お問合せも多いため書かせていただきました。

大阪・東京2つのクリニックで治療が受けられます。
※予約制になっておりますので、初診の方はお電話にてご予約ください。

大阪医院
東京医院