医療法人福涛会

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

虫歯を放置するとどうなるのでしょうか?

虫歯を放置するとどうなるのでしょうか?  「虫歯なんじゃないかな?」と、薄々は感じていても、「歯医者さんでは痛いことされるから嫌だ」、「面倒だ」、「まだ我慢できる」などの理由で、そのまま放置されている方も、中にはいらっしゃるかも知れません。『たかが虫歯、されど虫歯』と侮ると万病の元となり得ることもあるのです。

虫歯菌やそれによる炎症が、肺や脳に達して重篤な疾患をもたらす場合もあり、虫歯を放置することは、本当はとても危険なことなのです。そこまでで無くとも、歯の不調により、食事を美味しく摂られなくなると、食べる楽しみが半減します。また、食物をよく噛めないことにより、胃腸への負担が大きくなりますし、うまく摂取できない食品を避けるようになれば、健康への影響も起こってきます。『歯を失うこと≒食べられなくなる≒命の源を得られなくなる』ということに等しいと言えますね。

また、虫歯で、歯を失うことや、白い歯が変形・変色することにより、人前で口を開けることに抵抗を感じ、うまく会話ができなくなったり、笑えなくなったりする方もおられます。歯を失うことで、お顔の印象が実年齢よりも高く見られてしまうという悩みを抱えておられる方もおられます。

それだけではなく『噛む』という行為ができないことで、脳の活動が低下し、物忘れが多くなる。噛みあわせが崩れることにより、体のバランスが保ちにくくなる。ということも起こってきます。

大阪・東京2つのクリニックで治療が受けられます。
※予約制になっておりますので、初診の方はお電話にてご予約ください。

大阪医院
東京医院