医療法人福涛会

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

綺麗な歯を保つために

綺麗な歯を保つために虫歯を予防するには、ブラッシング(歯磨き)を定期的に、丁寧に行うことが基本となります。ブラッシングの方法はたくさん提唱されていますが、当クリニックでは『縦磨き・優しく撫でるように磨く』事をお薦めしています。『縦磨き』は横磨きに比べて、歯肉を痛めにくい磨き方です。また、歯の表面のエナメル質を傷つけないようにするために、『優しく撫でるように磨いて』下さい。

『縦磨き』にはもうひとつ、「横磨きに比べて唾液が分泌されやすい」という利点があります。唾液には「カルシウム」や「リン」が含まれており、歯を強くする作用があります。また、脱灰が起こった歯のエナメル質を修復する、再石灰化の自然治癒力があることは『虫歯はなぜできるのでしょうか?』のところで述べた通りです。

さらに唾液には、殺菌効果があるため、虫歯菌の力を抑制してくれますし、普段は中性である口腔内が、食事をすることで酸性に傾いた際には、その働きで中性に戻してくれます。つまりは、歯のエナメル質が溶け出す『脱灰』の環境から、歯を強くし、修復する『再石灰化』の環境へと唾液が導いてくれるのです。ブラッシングには歯磨き粉は使用しなくても、ブラッシングするだけで十分な予防効果があります。

歯磨き粉を使用される場合は、できれば研磨剤の含まれていないものをお薦め致します。また、電動歯ブラシやフロス等を上手に活用するのも有効です。

歯垢が 「つきにくい」 食べ物例 :硬く、繊維質を多く含む食品。野菜(特に生野菜)、りんごなど。
歯垢が 「つきやすい」 食べ物例 :基本的に柔らかいもので、粘りのある食品。
炭水化物を多く含むもの。
うどん・ラーメンなどの麺類、
パン・ケーキ・クッキー・ドーナツなど。

大阪・東京2つのクリニックで治療が受けられます。
※予約制になっておりますので、初診の方はお電話にてご予約ください。

大阪医院
東京医院