医療法人福涛会

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

大阪医院予約フォームはこちら

東京医院予約フォームはこちら

最新予約状況

体を蝕む主な原因

体を蝕む原因は色々ありますが、その中でももっとも影響が大きいといわれているのが、金属の歯科材料、身体の酸化、歯周病菌、歯ぎしり・くいしばりの4つです。

金属の詰め物、被せ物 詰め物・被せ物の金属が唾液等で酸化したり、金属イオンが溶け出して体内に入ると、金属アレルギーアトピー性皮膚炎、不定愁訴などを引き起こします。
身体の酸化 詰め物・被せ物の金属が体内に入ると活性酸素を大量に発生します。また糖分を取り過ぎると、身体が酸性に傾いてDNAを損傷したり、細胞の老化が早まります。
歯周病菌 歯周病菌の出す毒素が体内に入ると、心疾患や誤嚥性肺炎、脳溢血、早期低体重児出産、糖尿病等のリスクが高くなります。
歯ぎしり・くいしばり 噛みあわせや歯並びが悪くなり、虫歯や歯周病、歯根破折、顎関節症、めまい、頭痛、不定愁訴などの原因になります。

「金属の詰め物、被せ物」についてはこちら
「歯周病菌」についてはこちら
「歯ぎしり・くいしばり」についてはこちら

お口の中の金属と治療について

お口の中の金属と治療について近年、アトピー性皮膚炎金属アレルギーに悩む方が急増しています。環境や食物の影響が考えられますが、様々な要因が複雑に影響しあっているため、アレルゲン(アレルギーの原因)を特定することが難しいといわれます。皮膚科や内科を受診しても、症状が改善されない人も少なくありません。

金属アレルギーアトピー性皮膚炎で悩んでいる方のお口の中を調べると、金属の詰め物や被せ物が入っていることがあります。あまり知られていないことですが、お口の中の金属(被せ物や詰め物)や歯科材料が、アレルギーを始めとする様々な不快症状を引き起こしているのです。

お口は全身と繋がる入り口です。お口の中の金属が水やお茶などの水分や唾液によって酸化したり、金属イオンが溶け出すと血液と一緒に全身を巡ります。体内にアレルギーを引き起こす物質が入ってくると免疫力が異物と見なし、金属アレルギーアトピー性皮膚炎、不定愁訴といった症状が現われるのです。

金属を取り外すことで様々な症状が改善されるレゾナンスドセラミック
お口の中に金属の詰め物や被せ物があり、金属がアレルギーの引き金になっている可能性があります。金属アレルギーの効果的な歯科治療は、金属を取り外して修復するノンメタル治療(メタルフリー治療)です。メタルフリー治療とは、金属を一切使わないセラミックの被せ物や詰め物を使って、元の状態に修復する治療です。

当法人で提供するセラミック素材は、独自に開発したレゾナンスドセラミックです。一般的なセラミックには微細な金属や化学物質が含まれていますが、それらを徹底的に取り除いていますので、からだに優しいセラミックです。また金属を含んでいないので、歯ぐきが本来のピンク色になるアンチエイジング効果も期待できます。

これまで、多くの方にノンメタル治療を提案してきました。治療を受けた方からは「金属アレルギーやアトピー性皮膚炎が改善した」「金属を外すにつれて体調がよくなっていった」など、喜びの声を沢山いただいています。金属アレルギーの予防にもなりますので、金属が気になる方におすすめの治療です。

歯周病が全身疾患を招く!?

歯周病が全身疾患を招く!?歯周病は、歯周病菌に感染して起きるお口の中の病気です。感染すると歯周病菌が毒素を出して、歯を支える骨や歯周組織を溶かしていきます。実は、この毒素が血液とともに全身に流れると糖尿病を悪化させたり、心疾患、脳卒中、誤嚥性肺炎になるリスクが高まるといわれています。歯周病のある人とそうでない人に比べると、心臓発作が2.8倍、早産が7.5倍にまで跳ね上がると言われています。特に妊娠中は歯周病にかかりやすくなり、早期低体重児出産のリスクが高くなります。また歯周病と糖尿病は互いに影響しあっていて、歯周病があると糖尿病を悪化させると言われています。

歯周病菌をコントロールすることが、全身の健康を取り戻す重要な鍵を握っています。歯ぐきの状態が悪い方は、早めに歯周病検査を受けることをおすすめします。

歯を失う原因の40%を占める要因とは?

歯を失う原因の40%を占める歯ぎしりくいしばり歯周病でもないのに歯がぐらつく方がいます。そうした方の噛みあわせ調べると歯ぎしりやくいしばり癖があり、歯にダメージを与えていることがわかります。アメリカのデータによると、歯を失う原因の40%が歯ぎしり・くいしばりです。

歯ぎしりやくいしばり癖があると特定の歯に強い力が加わり、歯並びや噛みあわせに悪影響を与えます。また、虫歯や歯周病、知覚過敏の発症、更に顎関節症や首や顎の関節のズレによる肩こりや頭痛めまい、耳鳴り睡眠障害、自律神経失調症、うつ症状などの不定愁訴の原因になるともいわれています。

スプリントで歯にかかる力を軽減する
一本の歯にかかる力は、体重の5~15倍。50㎏の成人女性でしたら250~750㎏の力がかかります。これだけの力が日常的に加わると、重みに耐えかねて根が割れたり、歯がぐらついたりしてきます。特に現代はストレスの多い時代。つい歯ぎしりやくいしばりをしてしまいがちで結果的に歯はボロボロになってしまいます。

それを防ぐ方法として、当法人ではマウスピース(スプリント)の使用を提案しています。就寝中に装着すると、マウスピースがクッションになって力を分散し、歯にかかる負担を軽減します。スプリントを装着してから噛みあわせが安定し、頭痛や肩こり、腰痛などが軽くなったという、沢山の報告をいただいています。

お口から始まる全身の老化

金属は水に濡れると腐食して錆びつきます(金属の酸化)。それと同じように私達のお口の中で、様々な要因が重なると酸性に傾いて虫歯や歯周病ができやすくなります。特に糖分は虫歯を作り、身体を酸性に傾けます。健康な人間の身体はアルカリ性に保たれていますが、酸性に傾くと新陳代謝が悪くなり、免疫力が低下して老化スピードが早まります。また疲労、アレルギー、心疾患、糖尿病など、様々な病気を引き起こします。本来の健康を取り戻するためにも、身体をアルカリ性に戻す必要があります。

免疫力を高めて本来の健康を取り戻す免疫力を高めて本来の健康を取り戻す
現代社会に生きる私たちは日々、様々なストレスにさらされています。食生活の乱れや、ハードなライフスタイル、運動不足や寝不足が続くと身体のバランスが崩れて、免疫力の低下につながります。免疫力が低下すると口内炎や歯ぐきの腫れ、歯周病にかかりやすくなり、全身の健康を蝕んでいきます。

当法人ではお口の中の金属だけが、金属アレルギーや身体の不調を引き起こすとは考えていません。あくまでもいくつかある要素の一つにすぎず、ノンメタル治療金属アレルギー治療は対処療法に過ぎません。身体に悪い影響を与えている要素を取り除くと同時に、食生活や生活習慣を見直していくことが根本治療につながります。

当法人の目指している治療とは、誰にも備わっている本来の自然治癒力を引き出して、身体の健康を取り戻す治療です。バランスの取れた食事に規則正しい生活、充分な睡眠と適度な運動を心がけ、ご自身でも健康管理に務めて頂き、生き生きとした毎日を取り戻して欲しいと願っています。

大阪・東京2つのクリニックで治療が受けられます。
※予約制になっておりますので、初診の方はお電話にてご予約ください。

大阪医院
東京医院